プジョーが25年ぶりにダカールラリーに参戦

2014.03.31 自動車ニュース
「プジョー2008 DKR」
「プジョー2008 DKR」
    拡大

プジョーが25年ぶりにダカールラリーに参戦

仏プジョーは2014年3月26日、2015年にダカールラリーに復帰すると発表した。

カルロス・サインツ(奥)とシリル・デプレ(手前)。
カルロス・サインツ(奥)とシリル・デプレ(手前)。
    拡大

■新開発の「2008 DKR」で参戦

ダカールラリーとは、約1万kmの距離を2週間かけて走破するラリーレイドである。プジョーはこの競技において、1987年から1990年にかけて4連覇を達成しており、今回、25年ぶりに復帰することとなる。

ドライバーには2010年のダカールラリーを制したカルロス・サインツと、二輪部門で5度の優勝を数えるシリル・デプレを起用。マシンには新開発の「2008 DKR」を投入する予定で、2013年のパイクスピークヒルクライムを制した「208 T16パイクスピーク」のスタッフが開発にあたるという。

なお、2008 DKRの詳細については、2014年4月20日に開幕する北京モーターショーで発表する予定だ。

(webCG)
 

関連キーワード:
2008, プジョー, モータースポーツ, 自動車ニュース

プジョー 2008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • プジョーSUV 2008アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.29 試乗記 新型「プジョーSUV 2008」には、ねっとりとした“フランス車”らしさが乏しい。ではつまらないクルマなのかというと真逆で、実はとてもいいクルマである。そこがプジョーのうまいところだ。エントリーグレード「アリュール」の仕上がりを報告する。
  • ホンダ・シビックEX(FF/CVT)/シビックEX(FF/6MT)【試乗記】 2021.9.24 試乗記 世界的な人気を誇るホンダのグローバルモデル「シビック」がフルモデルチェンジ。約半世紀にわたり歴史を重ねてきた伝統の一台は、この新型でいかなる進化を遂げたのか? ホンダがもてる力の限りを尽くして世に問う、11代目シビックの実力をリポートする。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2021.9.25 試乗記 FRスポーツカー「スバルBRZ」がフルモデルチェンジ。排気量をアップした水平対向4気筒エンジンやインナーフレーム構造の新設計ボディーなどによって、走りや個性はどう進化したのか。公道での初試乗から、その印象をリポートする。
  • ライバルメーカー戦々恐々! 「トヨタ・カローラ クロス」登場で国内SUV市場はどうなる? 2021.9.27 デイリーコラム すでに飽和状態に見えるトヨタの国内向けSUVラインナップに新型車「カローラ クロス」が加わった。なぜ今、新たなSUVが投入されるのか? 他メーカーとの勢力図は今後どう変わるのだろうか? 識者は、こう考える。
ホームへ戻る