プジョーが25年ぶりにダカールラリーに参戦

2014.03.31 自動車ニュース
「プジョー2008 DKR」
「プジョー2008 DKR」
    拡大

プジョーが25年ぶりにダカールラリーに参戦

仏プジョーは2014年3月26日、2015年にダカールラリーに復帰すると発表した。

カルロス・サインツ(奥)とシリル・デプレ(手前)。
カルロス・サインツ(奥)とシリル・デプレ(手前)。
    拡大

■新開発の「2008 DKR」で参戦

ダカールラリーとは、約1万kmの距離を2週間かけて走破するラリーレイドである。プジョーはこの競技において、1987年から1990年にかけて4連覇を達成しており、今回、25年ぶりに復帰することとなる。

ドライバーには2010年のダカールラリーを制したカルロス・サインツと、二輪部門で5度の優勝を数えるシリル・デプレを起用。マシンには新開発の「2008 DKR」を投入する予定で、2013年のパイクスピークヒルクライムを制した「208 T16パイクスピーク」のスタッフが開発にあたるという。

なお、2008 DKRの詳細については、2014年4月20日に開幕する北京モーターショーで発表する予定だ。

(webCG)
 

関連キーワード:
2008, プジョー, モータースポーツ, 自動車ニュース

プジョー 2008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ【試乗記】 2020.11.11 試乗記 「ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を併せ持つ」というマツダの新世代エンジン「スカイアクティブX」がバージョンアップ。それで走りはどう変わったのか? 「eスカイアクティブX」と名づけられた新ユニットを搭載する「マツダ3」で確かめた。
ホームへ戻る