ホンダ、軽乗用車「N-ONE」をマイナーチェンジ

2014.05.15 自動車ニュース
「ホンダN-ONE」
「ホンダN-ONE」
    拡大

ホンダ、軽乗用車「N-ONE」をマイナーチェンジ

本田技研工業は2014年5月15日、軽乗用車「N-ONE」をマイナーチェンジし、同年5月16日に発売すると発表した。

シティーブレーキアクティブシステムとは、低速域衝突軽減ブレーキ機能と誤発進抑制機能からなる、ホンダの安全運転支援システムだ。
シティーブレーキアクティブシステムとは、低速域衝突軽減ブレーキ機能と誤発進抑制機能からなる、ホンダの安全運転支援システムだ。
    拡大
IRカット(遮熱)/UVカット機能付きフロントウィンドウガラス
IRカット(遮熱)/UVカット機能付きフロントウィンドウガラス 拡大
新たに設定された、ボディーカラーと同色のインテリアパネル。
新たに設定された、ボディーカラーと同色のインテリアパネル。
    拡大

今回のマイナーチェンジでは、シティーブレーキアクティブシステムと、サイドカーテンエアバッグシステム、前席用i-サイドエアバッグシステムの3点をセットにした「あんしんパッケージ」を、「G」を除く全グレードに標準装備。Gにオプション設定した。

また、エンジンのフリクション低減や熱効率改善などにより燃費性能も改善。「G」「G・Aパッケージ」「プレミアム」のFF車では、28.4km/リッターを実現している(JC08モード)。

快適装備の強化も図っており、プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンを全グレードに、IRカット(遮熱)/UVカット機能付きフロントウィンドウガラスとIRカット(遮熱)/スーパーUVカットフロントドアガラスを、Gを除く全グレードに採用した。

このほかにも、ボディーカラーに「フレッシュライム・メタリック」「ホライゾンターコイズ・パール」「フレッシュライム・メタリック×タフタホワイト(2トーン)」「ホライゾンターコイズ・パール×スタリーシルバー・メタリック(2トーン)」の4種類を追加し、全25種類にカラーバリエーションを強化。新たに外装色と同色にコーディネートしたインテリアパネルを設定した。

価格は118万5000円~179万2829円(8%の消費税を含む)。

(webCG)
 

関連キーワード:
N-ONE, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-ONE の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • 第157回:涅槃だぜN-WGN! 2020.1.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第157回は「涅槃だぜN-WGN!」。2019年の注目モデルを前に、国民車構想が再燃。新型「ホンダN-WGN」は、カーマニアが求める国民車になれるか? ディーラーでのプチ試乗を通じて導き出した、その答えとは?
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • ホンダN-WGN【開発者インタビュー】 2019.9.10 試乗記 軽ハイトワゴン市場での捲土(けんど)重来を期し、ホンダが投入した新型「N-WGN」。既存のモデルとは一線を画すデザインや、先進の運転支援システムが取り入れられた背景には、どのような理由があったのか? 軽自動車を取り巻く環境の変化をエンジニアが語る。
ホームへ戻る