「BMW 5シリーズ」に装備充実の特別仕様車

2014.05.28 自動車ニュース
「BMW 5シリーズINNOVATOR」
「BMW 5シリーズINNOVATOR」
    拡大

「BMW 5シリーズ」に装備充実の特別仕様車

BMWジャパンは2014年5月28日、「BMW 5シリーズ」の特別仕様車「INNOVATOR(イノベーター)」を210台限定で発売した。

今回発売されたBMW 5シリーズINNOVATORには、快適かつ安全なドライビングを実現するための以下3つの機能が、標準で与えられる。

BMWコネクテッド・ドライブ・プレミアム:
BMW 5シリーズでは全モデルに、車載の通信モジュールを利用して乗員の安全と車両の状態を知らせる「BMW SOSコール」や「BMWテレサービス」を含む「BMWコネクテッド・ドライブ・スタンダード」が標準装備されるが、今回のINNOVATORには、コールセンターのオペレーターがカーナビの目的地を検索・設定するサービスや、スマートフォンで車両の遠隔操作が可能になる機能が加えられる。

マルチディスプレイメーターパネル:
走行モードのセレクトに応じて、メーターパネルのグラフィックをECO PRO、COMFORT、SPORTの3種類に切り替える機能。さらに、スピードメーターとタコメーターの針が示す数字を拡大表示することで、視認性の向上が図られる。

アダプティブLEDヘッドライト:
一段とダイナミックかつ精悍(せいかん)なフロントビューを演出。夜間や悪天候でも優れた視認性を実現するとうたわれる。
 

シナモンブラウンのダコタレザーシートとファインラインアンソラジットウッドのインテリアトリムによる上質な室内空間も、INNOVATORのセリングポイント。
そのほか、以下の特別装備が与えられる。

・LEDフロントフォグランプ
・18インチのスタースポークアロイホイール365+245/45R18タイヤ
・オートマチックトランクリッドオペレーション(オープン/クローズ)
・運転席および助手席の8ウェイ電動フロントシート(運転席メモリー機能付き)
・フロントシートヒーティング
・リアウィンドウの電動式ローラーブラインド
・レーンチェンジウォーニング

ラインナップは、2リッター直4ターボのガソリンエンジンを搭載する「523i INNOVATOR」と、2リッター直4ディーゼルターボの「523d INNOVATOR」の2種類で、価格はそれぞれ以下の通り。

・523i INNOVATOR:715万円
・523d INNOVATOR:738万円

販売台数は、2モデル合計で210台限定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
5シリーズ セダン, BMW, 自動車ニュース

BMW 5シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • アウディが「RS 3スポーツバック/セダン」を2年ぶりに導入 2020.7.21 自動車ニュース アウディ ジャパンは2020年7月21日、ハイパフォーマンスモデル「RS 3スポーツバック/セダン」を再導入すると発表した。同モデルの販売は約2年ぶりとなり、RS 3スポーツバックは同年8月18日、RS 3セダンは同年9月15日に発売される。
  • メルセデス・ベンツGLC F-CELL(RWD)【試乗記】 2020.7.24 試乗記 メルセデス・ベンツの燃料電池自動車「GLC F-CELL」が、いよいよ日本の道路を走り始めた。カタログに記された満タンからの航続可能距離は約377km。その実力を試すとともに、未来の生活では当たり前になるかもしれない(?)、水素補給も体感してみた。
  • 第185回:骨の髄までしゃぶり尽くせ 2020.7.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第185回は「骨の髄までしゃぶり尽くせ」。愛車の「BMW 320d」が故障し、次々と警告が発せられた! 手を尽くした先に判明した、意外な原因とは? オーナーを混乱させる結果となった、BMWの設計にモノ申す。
ホームへ戻る