V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開

2014.05.30 自動車ニュース
「フライングスパー V8」
「フライングスパー V8」 拡大

V8エンジン搭載の「ベントレー・フライングスパー」日本初公開

ベントレーの正規ディーラー、コーンズ・モータースは2014年5月30日、V8エンジンを搭載した「フライングスパー V8」を日本初公開した。

 
V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開の画像 拡大
「フライングスパー V8」のテールパイプは「コンチネンタルGT V8」と同様、8の字型のデザインとなる。
「フライングスパー V8」のテールパイプは「コンチネンタルGT V8」と同様、8の字型のデザインとなる。 拡大
 
V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開の画像 拡大
 
V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開の画像 拡大
会場となった英国大使館には、コーンズによるベントレー国内販売開始50周年を記念し、「S3サルーン」も展示されていた。
会場となった英国大使館には、コーンズによるベントレー国内販売開始50周年を記念し、「S3サルーン」も展示されていた。 拡大

「フライングスパー V8」は、これまでW12エンジン搭載モデルのみであった「フライングスパー」に、4リッターV8エンジンを搭載したモデルで、同年3月に開催されたジュネーブショー2014にて公開された。

搭載される4リッターV8ツインターボエンジンは、「コンチネンタルGT V8」に搭載されるものと同じく、最高出力507ps/6000rpm、最大トルク67.3kgm/1750rpmを発生。8段ATと組み合わされ、0-100km/h加速は5.2秒、最高速度は295km/hに達する。

価格は1890万円と、W12モデルよりも約455万円安く設定されている。
受注はすでに始まっており、今秋にはデリバリーが開始される予定だ。

(工藤考浩)

関連キーワード:
フライングスパー, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー フライングスパー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.25 試乗記 デビューから約5年というタイミングで、マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」。完璧の“さらに上”を目指したという大幅改良は、このラグジュアリーSUVにどのような変化をもたらしたのか? クローズドコースで実力の片りんに触れた。
  • ベントレー・フライングスパー(後編) 2020.6.4 谷口信輝の新車試乗 フルモデルチェンジした「ベントレー・フライングスパー」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。後編では、その走りに加え、ドライバーを包む室内の仕立てについてもリポートする。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
  • アストンマーティンDBX 2019.11.21 画像・写真 アストンマーティンがブランド初のSUV「DBX」を日本で初公開。オンロード、オフロードを問わない高いダイナミクス性能と、SUVならではの多機能性を併せ持つというニューモデルの詳細な姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
ホームへ戻る