V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開

2014.05.30 自動車ニュース
「フライングスパー V8」
「フライングスパー V8」 拡大

V8エンジン搭載の「ベントレー・フライングスパー」日本初公開

ベントレーの正規ディーラー、コーンズ・モータースは2014年5月30日、V8エンジンを搭載した「フライングスパー V8」を日本初公開した。

 
V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開の画像 拡大
「フライングスパー V8」のテールパイプは「コンチネンタルGT V8」と同様、8の字型のデザインとなる。
「フライングスパー V8」のテールパイプは「コンチネンタルGT V8」と同様、8の字型のデザインとなる。 拡大
 
V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開の画像 拡大
 
V8エンジン搭載「フライングスパー」日本初公開の画像 拡大
会場となった英国大使館には、コーンズによるベントレー国内販売開始50周年を記念し、「S3サルーン」も展示されていた。
会場となった英国大使館には、コーンズによるベントレー国内販売開始50周年を記念し、「S3サルーン」も展示されていた。 拡大

「フライングスパー V8」は、これまでW12エンジン搭載モデルのみであった「フライングスパー」に、4リッターV8エンジンを搭載したモデルで、同年3月に開催されたジュネーブショー2014にて公開された。

搭載される4リッターV8ツインターボエンジンは、「コンチネンタルGT V8」に搭載されるものと同じく、最高出力507ps/6000rpm、最大トルク67.3kgm/1750rpmを発生。8段ATと組み合わされ、0-100km/h加速は5.2秒、最高速度は295km/hに達する。

価格は1890万円と、W12モデルよりも約455万円安く設定されている。
受注はすでに始まっており、今秋にはデリバリーが開始される予定だ。

(工藤考浩)

関連キーワード:
フライングスパー, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー フライングスパー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
  • BMW X7 M50i(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.16 試乗記 巨大な“キドニーグリル”と圧倒的なボディーサイズが特徴の「BMW X7」。ハイパフォーマンスとラグジュアリーな世界観を両立させたという最上級SUVの実力を確かめるために、トップモデル「M50i」をロングドライブに連れ出した。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • メルセデス・ベンツGLS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2020.6.15 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップSUV「GLS」がフルモデルチェンジ。クリーンディーゼルエンジンを搭載する最新型はどんなクルマに仕上がっているのか、3列シートの使い勝手を含めリポートする。
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2020.6.2 試乗記 50km/hまでであれば走行中でも開閉可能な電動リトラクタブルルーフを有す、マクラーレンのオープンモデル「720Sスパイダー」に試乗。720PSの大パワーとオープンエアドライブの組み合わせを、ワインディングロードで味わった。
ホームへ戻る