「パサートヴァリアントR-Line Edition」発売

2014.06.03 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントR-Line Edition」
「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントR-Line Edition」
    拡大

「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントR-Line Edition」発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年6月3日、ワゴン「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント」の特別仕様車「パサートヴァリアントR-Line Edition(アールライン エディション)」を発売した。

 

パサートヴァリアントのR-Line Editionは、専用のエアロパーツやスポーツシートなど、スポーティーな内外装を特徴とする特別仕様車。

具体的には、以下の特別装備が与えられる。

【エクステリア】
・R-Line専用フロント/リアバンパー
・R-Line専用サイドスカート
・R-Line専用フロントエンブレム(グリル)
・R-Line専用リアスポイラー
・R-Line専用17インチアルミホイール
・リアダークティンテッドガラス

【インテリア】
・R-Line専用レザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイール
・R-Line専用デコラティブパネル(タングステンシルバー)
・R-Line専用アルミ調ペダルクラスター
・R-Line専用ドアシルプレート(「R」ロゴ入り)
・R-Line専用ファブリックシート(「R」ロゴ刺しゅう入り)

足まわりが、スポーツサスペンションで強化されているのも特徴。1.4リッター直4ターボエンジンのアウトプット(122ps、20.4kgm)や燃費性能(17.6km/リッター)などについては、ノーマルのパサートヴァリアントとの違いはない。

ボディーカラーは、トルネードレッド(新規設定色)、キャンディーホワイト、リフレックスシルバーメタリック、ナイトブルーメタリック、ディープブラックパールエフェクトの全5色で、価格は349万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
パサート, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン パサート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第2回 「フォルクスワーゲン・パサート」に乗るということ 2016.11.22 最新Passatの進化を探る<PR> 「フォルクスワーゲン・パサート」と過ごすカーライフとは、どのようなものなのか。新たにラインナップされた「TSIエレガンスライン」と、装備の充実が図られた「TSIハイライン」に試乗して考えた。
  • 第1回 新グレード「TSIエレガンスライン」を試す 2016.11.22 最新Passatの進化を探る<PR> 装備が見直されるとともに、ラインナップが改められたフォルクスワーゲンのセダン「パサート」に試乗。新グレード「TSIエレガンスライン」をメインに、その仕上がりを詳しく報告する。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲンが「パサート」シリーズの価格を改定 2019.2.22 自動車ニュース フォルクスワーゲンが「パサート」シリーズの価格を改定し、2019年4月より新価格で販売すると発表した。対象となるのは「パサート/パサート ヴァリアント/パサート オールトラック」の全グレードで、平均約1.3%の値上げとなる。
  • フォルクスワーゲンTロックTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.9.17 試乗記 フォルクスワーゲンから“コンパクトSUV 3兄弟”のトリをかざるニューモデル「Tロック」が登場。「コンパクトSUV市場をロック(rock=揺さぶる)する」というメッセージとともに送り出された新顔の実力を確かめた。
ホームへ戻る