「MINI」に5ドアハッチバックが登場

2014.06.05 自動車ニュース
「MINI 5ドア」
「MINI 5ドア」 拡大

「MINI」に5ドアハッチバックが登場

独BMWは2014年6月4日、「MINI」の5ドアハッチバックモデル「MINI 5ドア」を発表した。

MINI 5ドアは、2013年11月にデビューしたMINIの3代目モデルにとって、3ドアハッチバックに続く2番目のボディータイプとなる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=3982×1712×1425mm(「クーパーS」と「クーパーSD」は全長=4005mm)、ホイールベース=2567mm。3ドアモデルと比べると、全長は161mm、全高は11mm、ホイールベースは72mmアップしている。

車内空間も拡大されており、室内幅は3ドアモデルより61mm拡幅されている。3ドアモデルでは2人乗りだったリアシートは3人乗りとなった。また、後席についてはレッグルームを72mm、ヘッドルームを15mm拡大するなど、居住性も改善。ラゲッジルームは、3ドアモデルより67リッター大きな、278リッターの容量が確保されている。

本国におけるラインナップは全4グレードの構成で、ガソリン車には2リッター直4ターボの「クーパーS」と、1.5リッター直3ターボの「クーパー」を設定。1.2リッター3気筒モデルの「One」は設定していない。一方、ディーゼル車には、2リッター直4ターボの「クーパーSD」と1.5リッター直3ターボの「クーパーD」を設定している。

(webCG)

→「MINI 5ドア」のより詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
MINI 5ドア, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • いきなり受注2000台! 新型車「トヨタGRヤリス」はなぜモテる? 2020.1.31 デイリーコラム 東京オートサロン2020で予約受注がスタートするや、たちまち大フィーバーとなったトヨタの高性能ハッチバック「GRヤリス」。その反響の理由と、モータースポーツにおける存在意義について識者が語る。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • 「GP」モデルにインスパイアされた高性能な「MINIクラブマン」登場 2020.2.13 自動車ニュース BMWジャパンは2020年2月13日、「究極のスポーティードライビングと、高い実用性の両立」をうたう限定車「MINIジョンクーパーワークス クラブマンGPインスパイア―ドエディション」を日本に導入すると発表した。
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
ホームへ戻る