「MINI」に5ドアハッチバックが登場

2014.06.05 自動車ニュース
「MINI 5ドア」
「MINI 5ドア」 拡大

「MINI」に5ドアハッチバックが登場

独BMWは2014年6月4日、「MINI」の5ドアハッチバックモデル「MINI 5ドア」を発表した。

MINI 5ドアは、2013年11月にデビューしたMINIの3代目モデルにとって、3ドアハッチバックに続く2番目のボディータイプとなる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=3982×1712×1425mm(「クーパーS」と「クーパーSD」は全長=4005mm)、ホイールベース=2567mm。3ドアモデルと比べると、全長は161mm、全高は11mm、ホイールベースは72mmアップしている。

車内空間も拡大されており、室内幅は3ドアモデルより61mm拡幅されている。3ドアモデルでは2人乗りだったリアシートは3人乗りとなった。また、後席についてはレッグルームを72mm、ヘッドルームを15mm拡大するなど、居住性も改善。ラゲッジルームは、3ドアモデルより67リッター大きな、278リッターの容量が確保されている。

本国におけるラインナップは全4グレードの構成で、ガソリン車には2リッター直4ターボの「クーパーS」と、1.5リッター直3ターボの「クーパー」を設定。1.2リッター3気筒モデルの「One」は設定していない。一方、ディーゼル車には、2リッター直4ターボの「クーパーSD」と1.5リッター直3ターボの「クーパーD」を設定している。

(webCG)

→「MINI 5ドア」のより詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
MINI 5ドア, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスタイル デザインパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2021.1.12 試乗記 次世代インフォテインメントシステム「ディスカバーメディア」と、それに連携するオンラインサービス「ウィーコネクト」を新たに搭載した「フォルクスワーゲンTロック」。使いやすいサイズ感や多用途性などの特徴に加わった“つながるクルマ”の利便性を、実際に試してみた。
  • フロントマスクを刷新! 「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」がマイナーチェンジ 2021.1.28 自動車ニュース BMWが「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」のマイナーチェンジモデルを発表。大幅に変更されたフロントマスクが特徴で、インテリアでもサーフェスやエアコン吹き出し口など各部の意匠を変更。デジタルメーターを採用するなど、装備もアップデートしている。
  • MINIクーパーSD 3ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.15 試乗記 いよいよMINIにも本格的なディーゼルの波が到来。今春、実に6車種ものディーゼルモデルが一斉に日本に導入された。今回は、そのなかでも特に高性能な「クーパーSD 3ドア」に試乗。小柄なボディーとトルクフルなエンジンが織り成す走りに触れた。
  • 第691回:【Movie】いきなり登録ナンバーワン! 新型「フィアット500」に乗ってみた 2021.1.28 マッキナ あらモーダ! かつてショールームの展示車を紹介したディーラーから、大矢アキオに「新型『フィアット500』の試乗車がご用意できました」という誘いがやってきた。電気自動車に生まれ変わった新型の走りっぷりをムービーでお届けする。
ホームへ戻る