よりスポーティーな装いの「エリーゼS」登場

2014.06.13 自動車ニュース
「ロータス・エリーゼS クラブレーサー」
「ロータス・エリーゼS クラブレーサー」
    拡大

よりスポーティーな装いの「ロータス・エリーゼS」登場

日本におけるロータス車の正規輸入販売を手掛けるエルシーアイは2014年6月13日、「ロータス・エリーゼS クラブレーサー」の販売を開始した。納車開始は同年9月を予定している。

エリーゼS クラブレーサーは、スーパーチャージャー付きの1.8リッター直4エンジンを搭載した「エリーゼS」をベースに、内外装をよりスポーティーに仕立てたモデルである。

ボディーカラーは、特別色となる「クロームオレンジ」「トキシックグリーン」「デイトナブルー」「フォーミュラレッド」に、「アスペンホワイト」「カーボングレー」を加えた全6色の設定。ロールフープカバーとリアトランサムパネル、ドアミラーキャップはマットブラックでコーディネートしている。

また、リアバンパー、サイドウイングパネル、ロールフープカバーには、クラブレーサーロゴステッカーを採用。ブラック塗装の軽量アルミホイールや3ピースディフューザーも装備している。

インテリアも専用の仕立てとなっており、スエードパッド付きのボディー同色ProBax軽量コンポジットシートや、ボディー同色のセンターコンソール、「CR」のロゴを刺しゅうしたブラックカーペットマットなどを採用。ステアリングホイールやギアレバーブーツ、ハンドブレーキブーツ、ドアインサートには、いずれもスエードを用いている。

価格は678万8500円。

(webCG)

→「エリーゼS クラブレーサー」のより詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
エリーゼ, ロータス, 自動車ニュース