ダーククロムの「日産デイズ ルークス」発売

2014.07.03 自動車ニュース
「日産デイズ ルークス ライダー ブラックライン」
「日産デイズ ルークス ライダー ブラックライン」
    拡大

ダーククロムの「日産デイズ ルークス」発売

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2014年7月3日、軽乗用車「日産デイズ ルークス」に特別仕様車「ライダー ブラックライン」を設定し、同年8月1日に発売すると発表した。

 

今回の特別仕様車は、オーテックジャパンが手掛けるカスタマイズモデル「ライダー」をベースに、ダーククロムの外装パーツやLEDデイタイムランニングライトなどでエクステリアをドレスアップしたものである。

具体的な装備内容は以下の通り。
・専用ダーククロムフロントグリル
・専用フロントバンパー(ダークメタリックペイント、ダークモール付き)
・専用LEDデイタイムランニングライト
・専用ダーククロムバックドアモール
・専用ダークエンブレム(Rider/AUTECH)

ベース車は「ハイウェイスターX」「ハイウェイスターX Gパッケージ」「ハイウェイスターターボ」の3グレードで、ハイウェイスターXを除く2グレードでは4WD車も選択可能となっている。

ベース車ごとの価格は以下の通り。
・ハイウェイスターX(FF):173万160円
・ハイウェイスターX Gパッケージ(FF):180万2520円
・ハイウェイスターX Gパッケージ(4WD):192万3480円
・ハイウェイスターターボ(FF):194万6160円
・ハイウェイスターターボ(4WD):206万7120円

(webCG)

関連キーワード:
デイズ ルークス, 日産, 自動車ニュース

日産 デイズ ルークス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • 開発の決め手は“カバー”にあり!?
    「日産デイズ」の意外なこだわり
    2019.5.17 デイリーコラム 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。その専用仕立てのステアリングホイールは、自動車メーカーとして否定すべき“あのアイテム”を意識して作られたものだった!
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • 日産が軽乗用車「デイズ」の一部仕様を変更 予防安全装備の機能を強化 2020.8.20 自動車ニュース 日産が軽乗用車「デイズ」の一部仕様を変更。予防安全・運転支援システムの設定を拡大するとともに、センサーにミリ波レーダーを採用し、機能を強化した。「ハイウェイスター」シリーズの安全装備の拡充や、ボディーカラーへの新色追加もトピックとなっている。
ホームへ戻る