「日産デイズ」シリーズが自動ブレーキを初採用

2014.12.04 自動車ニュース
「日産デイズ ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II」
「日産デイズ ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II」
    拡大

日産「デイズ」シリーズに自動ブレーキを初採用

日産自動車は2014年12月4日、軽乗用車の「デイズ」「デイズ ルークス」に特別仕様車「Vセレクション+Safety II」を設定し、販売を開始した。

「日産デイズ ルークス ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II」
「日産デイズ ルークス ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II」 拡大

■安全装備を強化した特別仕様車が登場

今回の特別仕様車は、同年10月にデイズに設定された「Vセレクション+Safety」シリーズの第2弾にあたる。ベースとなるのは「X」「ハイウェイスターX」の量販グレード2種で、第1弾で搭載された「アラウンドビューモニター」に加え、「エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」を特別に装備している。

なお、デイズシリーズにエマージェンシーブレーキや踏み間違い衝突防止アシストが設定されるのは、今回が初となる。

ラインナップと価格は以下の通り。

デイズ
・X Vセレクション+Safety II(FF):128万880円
・X Vセレクション+Safety II(4WD):140万1840円
・ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II(FF):140万6160円
・ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II(4WD):152万7120円
・ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II (アラウンドビューモニターレス、FF):137万3760円
・ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II(アラウンドビューモニターレス、4WD):149万4720円

デイズ ルークス
・X Vセレクション+Safety II(FF):140万7240円
・X Vセレクション+Safety II(4WD):152万8200円
・ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II(FF):159万4080円
・ハイウェイスターX Vセレクション+Safety II(4WD):171万5040円

また、日産は今回カタログモデルについても仕様の変更を実施。「X」「ハイウェイスターX」を除く全グレードに、エマージェンシーブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト、VDCなどをセットにしたパッケージオプションを新設定した。

(webCG)
 

関連キーワード:
デイズ, デイズ ルークス, 日産, 自動車ニュース

日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 日産が軽乗用車「デイズ」の一部仕様を変更 予防安全装備の機能を強化 2020.8.20 自動車ニュース 日産が軽乗用車「デイズ」の一部仕様を変更。予防安全・運転支援システムの設定を拡大するとともに、センサーにミリ波レーダーを採用し、機能を強化した。「ハイウェイスター」シリーズの安全装備の拡充や、ボディーカラーへの新色追加もトピックとなっている。
  • 開発の決め手は“カバー”にあり!?
    「日産デイズ」の意外なこだわり
    2019.5.17 デイリーコラム 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。その専用仕立てのステアリングホイールは、自動車メーカーとして否定すべき“あのアイテム”を意識して作られたものだった!
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
ホームへ戻る