アストンがV12ヴァンテージS ロードスター発表

2014.07.16 自動車ニュース
「アストン・マーティン V12ヴァンテージS ロードスター」
「アストン・マーティン V12ヴァンテージS ロードスター」
    拡大

アストン・マーティンが「V12ヴァンテージS ロードスター」を発表

英アストン・マーティンは2014年7月16日、「V12ヴァンテージS ロードスター」を発表した。

 

アストン・マーティン V12ヴァンテージS ロードスターは、2013年5月に発表された「V12ヴァンテージS」のオープン仕様である。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4385×1865×1260mmで、全高が10mm高くなる以外はクーペと同じ。ルーフはデザインを損なわないソフトトップが採用され、開閉に要する時間は14秒。車両重量はクーペから80kg増しの1745kgとなっている。

エンジンはクーペと同様「AM28」と呼ばれる5.9リッターV12を搭載、最高出力573ps/6750rpm、最大トルク63.2kgm/5750rpmを発生する。トランスミッションには7段セミATの「スポーツシフトIII」が組み合わされ、0-100km/h加速は4.1秒、最高速は323km/hという動力性能を発揮。”アストン・マーティン史上最速のオープンモデル”とうたわれる。

また「ノーマル」「スポーツ」「トラック」の3段階に減衰特性を調整できる「アダプティブ・ダンピング・システム」もクーペと同じく装備される。

販売開始は2014年末の予定。

(webCG)

関連キーワード:
V12ヴァンテージ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン V12ヴァンテージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • 第57回「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」 2014.7.11 水野和敏的視点 R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす当企画。今回の主役は「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」。コンパクトなボディーに573psの“強心臓”を隠したダイナマイトブリットを、ミスターGT-Rはどう評価する?
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • フェラーリ初の市販オープンPHEV「SF90スパイダー」登場 2020.11.13 自動車ニュース 伊フェラーリは2020年11月12日(現地時間)、同社初の市販PHEV「SF90ストラダーレ」のオープンバージョンである「SF90ストラダーレ」を発表した。ルーフはリトラクタブルハードトップ構造となり、オープン/クローズの動作はそれぞれ14秒で完了する。
ホームへ戻る