アストンがスポーティーな「N430」を発表

2014.07.25 自動車ニュース
アストン・マーティンV8ヴァンテージN430
アストン・マーティンV8ヴァンテージN430 拡大

アストン・マーティンがスポーティーな「V8ヴァンテージN430」を発表

アストンマーティンアジアパシフィックは2014年7月24日、2シータースポーツ「V8ヴァンテージ」をベースに、よりスポーティーなチューニングを施し、GT4レーシングカーのイメージを重ねた「V8ヴァンテージN430」を発表した。


アストンがスポーティーな「N430」を発表の画像 拡大

アストンがスポーティーな「N430」を発表の画像 拡大

アストンがスポーティーな「N430」を発表の画像 拡大
展示車両のボディーカラーは「アローログリーン」。オプションの「クラブスポーツ・グラフィック・パック」が選択されており、ボディーの各所にイエローの差し色が入る。
展示車両のボディーカラーは「アローログリーン」。オプションの「クラブスポーツ・グラフィック・パック」が選択されており、ボディーの各所にイエローの差し色が入る。
    拡大
ボディーカラー「マリアナブルー」でグラフィック・パックを選択するとレッドのアクセントが入る。
ボディーカラー「マリアナブルー」でグラフィック・パックを選択するとレッドのアクセントが入る。
    拡大

■ニュルブルクリンクのイメージをまとう

エンジンは「V8ヴァンテージS」と同じ4.7リッターV8(436ps、50.0kgm)で、トランスミッションは6段MTと7段AT(ロボタイズドMT)「スポーツシフトII」が設定される。装備内容はベースのV8ヴァンテージと比べるとスポーティーさが強調されたものとなっており、スポーツエキゾーストやスポーツサスペンションが備わるほか、カーボンファイバー/ケブラー製軽量シートやグラファイト塗装が施された10スポークの鍛造アロイホイール(これら2つの装備だけで20kgの軽量化を実現したという)も標準で装備される。

用意されるボディーカラーは5色(グリーン、ブラック、シルバー、ブルー、ホワイト)。「クラブスポーツ・グラフィック・パック」と呼ばれるオプションを選択すれば、フロントグリルの周囲やAピラー/ルーフレールなどに“色差し”を施し、GT4レーシングカーの雰囲気を楽しむこともできる。

価格は以下のとおり。納車は2014年9月に始まる予定。

・V8ヴァンテージN430クーペ(6MT):1599万5000円
・V8ヴァンテージN430クーペ(7AT):1656万7399円
・V8ヴァンテージN430ロードスター(6MT):1750万6999円
・V8ヴァンテージN430ロードスター(7AT):1807万9399円

なお、ニュルブルクリンクでのレース活動に由来する、V8ヴァンテージの“Nシリーズ”としては「N400」「N420」に続く3代目となる。過去の2モデルは限定車だったが、今回のN430は“カタログモデル”という位置づけだ。なお、車名の数字は最高出力(英馬力表示だと430bhpに相当)を示している。

(webCG)

関連キーワード:
V8ヴァンテージ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン V8ヴァンテージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記 進化が止まらぬスーパースポーツカーの世界。「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」も588psというパワーを得て、いよいよその究極形と目される「ヴァンキッシュS」に到達した。伝統の自然吸気V12エンジンも、いよいよこれでクライマックスか?
  • アストンマーティンDB11 2016.3.1 画像・写真 アストンマーティンが、ジュネーブショー2016において新型車「DB11」を発表した。2003年に登場した「DB9」の後継モデルに当たり、パワーユニットには自社開発の5.2リッターV12ターボエンジンを採用している。アストンの新しい基幹モデルを、写真で紹介する。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
ホームへ戻る