「アストン・マーティンDB9」に特別仕様車

2014.07.25 自動車ニュース
「アストン・マーティンDB9カーボンブラック」
「アストン・マーティンDB9カーボンブラック」 拡大

「アストン・マーティンDB9」に特別仕様車


アストンマーティンアジアパシフィックは2014年7月24日、「DB9」の特別仕様車「カーボンブラック」と「カーボンホワイト」を発表した。

「カーボンブラック」のインテリア。
「カーボンブラック」のインテリア。 拡大
サイドシルに専用プレートが付く。
サイドシルに専用プレートが付く。
    拡大
「DB9カーボンホワイト」
「DB9カーボンホワイト」
    拡大

「カーボンブラック」と「カーボンホワイト」は、ボディーの随所にカーボンパーツをおごってスポーティーさとファッション性を高めた仕様である。

外装ではノーズスプリッターやディフューザー、ドアミラーキャップ、サイドストレーキ(前ホイールアーチの後方に装着されるフィン状のパーツ)、テールランプ部のパネル、内装ではセンターパネルやドアノブなどがカーボンとなる。さらに、オプションを選択することで、アウタードアハンドルやシフトパドルなどもカーボン製に変更することができる。

エンジンは標準型のDB9と同じ517psの6リッターV12。動力性能は0-100km/h加速が4.6秒で、最高速は295km/h。両モデルともクーペと、オープンの「ヴォランテ」が用意される。価格は以下のとおり。

・DB9カーボンブラック/カーボンホワイト クーペ:2349万5000円
・DB9カーボンブラック/カーボンホワイト ヴォランテ:2543万9000円

(webCG)

関連キーワード:
DB9, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン DB9 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記 進化が止まらぬスーパースポーツカーの世界。「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」も588psというパワーを得て、いよいよその究極形と目される「ヴァンキッシュS」に到達した。伝統の自然吸気V12エンジンも、いよいよこれでクライマックスか?
ホームへ戻る