ロータス・エリーゼに「クラブレーサー」が登場

2011.12.08 自動車ニュース

「ロータス・エリーゼ」に新グレード「クラブレーサー」が登場

ロータスの正規輸入元エルシーアイは2011年12月8日、「ロータス・エリーゼ」のラインナップに、「エリーゼ クラブレーサー」を追加し、発売した。

「エリーゼ クラブレーサー」は、ライトウェイトスポーツカー「エリーゼ」をベースに、内外装を専用仕立てとしたモデル。外観は、ブラック5スポーク軽量鍛造アルミホイールが与えられるほか、ロールフープカバー、リアトランサムパネル、ドアミラーキャップは専用のマットブラックにペイントされ、リアバンパーなどにクラブレーサーロゴステッカーが貼られる。

ボディーカラーは特別色「スカイブルー」「サフランイエロー」を含む5色が設定され、標準モデルではシルバーとなるディフューザーがブラックにペイントされる。

内装は、シートがボディー同色の軽量なコンポジットタイプとなるほか、通常はレザー巻きのステアリングホイールの表皮がスエードとなり、ギアレバーブーツやハンドブレーキブーツ、ドアインサートにもスエードが採用される。“CR”ロゴ刺しゅう入りカーペットも同モデルの専用装備だ。

機能面では、エリーゼシリーズで初めてDPM(ダイナミック・パフォーマンス・マネジメント)に“スポーツモード”が設定され、より幅広いスキルのドライバーがスポーツ走行を楽しめるように配慮されている。

価格は、エリーゼより50万円高い560万円。デリバリー開始は2012年1月が予定されている。

(webCG 曽宮)

「ロータス・エリーゼ クラブレーサー」
「ロータス・エリーゼ クラブレーサー」 拡大
ホイールやドラミラー、ディフューザーなどはブラック系のカラーリングでまとめられる。(写真のボディーカラーはカーボングレー)
ホイールやドラミラー、ディフューザーなどはブラック系のカラーリングでまとめられる。(写真のボディーカラーはカーボングレー) 拡大
インテリアの様子。
インテリアの様子。 拡大
こちらは特別色スカイブルーのもの。
こちらは特別色スカイブルーのもの。 拡大

関連キーワード:
エリーゼ, ロータス, 自動車ニュース

ロータス エリーゼ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エリーゼ ヘリテージエディション(MR/6MT)【試乗記】 2020.5.28 試乗記 日本限定モデルとして開発された、特別な「ロータス・エリーゼ」に試乗。こだわりのカラーリングも魅力だが、その走りは、ほかのスポーツカーでは得がたいドライビングプレジャーに満ちていた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2010.10.14 試乗記 ロータス・エリーゼ(MR/6MT)
    ……532万円

    新エンジンの感触やいかに!? マイナーチェンジを受けた「ロータス・エリーゼ」のベーシック仕様を試乗する。
ホームへ戻る