「メルセデス・ベンツSLK200」新たな仕様で発売

2014.08.07 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツSLK200 エクスクルーシブ」
「メルセデス・ベンツSLK200 エクスクルーシブ」
    拡大

「メルセデス・ベンツSLK200」新たな仕様で発売

メルセデス・ベンツ日本は2014年8月5日、オープン2シーター「SLKクラス」の1.8リッターモデルについて仕様・装備を見直し、新たなラインナップで発売した。

 

 

今回、1.8リッター直4ターボエンジンを搭載する「SLK200」について、仕様・装備の見直しが実施された。
新たなモデルラインナップと価格は、以下の通り。

■SLK200 MT

シリーズ唯一のマニュアルトランスミッション搭載モデル。今回、シートヒーターと自動防眩(ぼうげん)ミラー(ルームミラー/ドアミラー)が標準装備となった。

価格は据え置きの499万円。

■SLK200 トレンド+

従来の「SLK200 トレンド」に代わるもので、ミリ波レーダーセンサーとカメラを用いて安全運転をサポートする「レーダーセーフティパッケージ」、シートヒーター、自動防眩ミラー(ルームミラー/ドアミラー)が標準で備わる。
オプションで、AMGスタイリングパッケージや18インチAMG 5スポークアルミホイール、AMGスポーツステアリング、専用シートなどを含む「AMGスポーツパッケージ」も選べる。

こちらも価格は据え置きで、512万2000円。

■SLK200 エクスクルーシブ

これまでカタログにあった「SLK200」の装備を充実させたモデル。「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備するとともに、超音波センサーを使った駐車支援システム「パークトロニック」や、「キーレスゴー」も備わる。

価格は620万円。

(webCG)

関連キーワード:
SLKクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ SLKクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • BMW 840iクーペMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.29 試乗記 BMWのフラッグシップクーペ「8シリーズ クーペ」に追加設定された「840i Mスポーツ」に試乗。同シリーズにおけるエントリーモデルという位置づけながら、3リッターの直6エンジンと後輪駆動が織りなすその走りは、実に味わい深いものだった。
  • 「AMG SL65」の装備を取り入れた特別仕様車「メルセデス・ベンツSL400グランドエディション」登場 2019.10.30 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年10月30日、メルセデス・ベンツのオープンスポーツモデル「SL」に特別仕様車「SL400グランドエディション」を設定し、同日、予約受注を開始した。「AMG SL65」用の装備や「SL400」に通常設定されていない装備が採用されている。
  • メルセデス・ベンツが新型「Sクラス」を発表 新時代のユーザーインターフェイスを提案 2020.9.3 自動車ニュース 独ダイムラーが7代目となる新型「メルセデス・ベンツSクラス」を発表。新しいコンセプトが取り入れられたユーザーインターフェイスが特徴で、立体映像やVR技術を用いた情報表示、ジェスチャーによる各種機能の操作など、多数の新機軸が取り入れられている。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
ホームへ戻る