「メルセデス・ベンツSLK200」新たな仕様で発売

2014.08.07 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツSLK200 エクスクルーシブ」
「メルセデス・ベンツSLK200 エクスクルーシブ」
    拡大

「メルセデス・ベンツSLK200」新たな仕様で発売

メルセデス・ベンツ日本は2014年8月5日、オープン2シーター「SLKクラス」の1.8リッターモデルについて仕様・装備を見直し、新たなラインナップで発売した。

 

 

今回、1.8リッター直4ターボエンジンを搭載する「SLK200」について、仕様・装備の見直しが実施された。
新たなモデルラインナップと価格は、以下の通り。

■SLK200 MT

シリーズ唯一のマニュアルトランスミッション搭載モデル。今回、シートヒーターと自動防眩(ぼうげん)ミラー(ルームミラー/ドアミラー)が標準装備となった。

価格は据え置きの499万円。

■SLK200 トレンド+

従来の「SLK200 トレンド」に代わるもので、ミリ波レーダーセンサーとカメラを用いて安全運転をサポートする「レーダーセーフティパッケージ」、シートヒーター、自動防眩ミラー(ルームミラー/ドアミラー)が標準で備わる。
オプションで、AMGスタイリングパッケージや18インチAMG 5スポークアルミホイール、AMGスポーツステアリング、専用シートなどを含む「AMGスポーツパッケージ」も選べる。

こちらも価格は据え置きで、512万2000円。

■SLK200 エクスクルーシブ

これまでカタログにあった「SLK200」の装備を充実させたモデル。「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備するとともに、超音波センサーを使った駐車支援システム「パークトロニック」や、「キーレスゴー」も備わる。

価格は620万円。

(webCG)

関連キーワード:
SLKクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ SLKクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • 「オートモビル カウンシル2021」の会場から(ヤナセクラシックカーセンター) 2021.4.9 画像・写真 美しくレストアされた歴代「メルセデス・ベンツSL」に加え、3Dプリンターによって製作された自動車部品や、ちょっとユニークで貴重なフォーミュラカーも出展。「オートモビル カウンシル2021」の会場から、ヤナセクラシックカーセンターの展示を写真で紹介する。
  • 「メルセデス・ベンツCLS」がマイナーチェンジ フロントデザインを変更 2021.9.9 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2021年9月9日、4ドアクーペ「メルセデス・ベンツCLS」のマイナーチェンジモデルの国内導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。フロントまわりのデザインを変更したほか、装備の追加によって快適性の向上を図っている。
  • マツダ2 15Sブラックトーンエディション(FF/6MT)【試乗記】 2021.10.6 試乗記 前回のフルモデルチェンジから7年を経たマツダのBセグメントコンパクト「マツダ2」。ライバルが続々と全面刷新されるなかにあって、このクルマが依然として持ち続けるアドバンテージとはなんなのか? 進化を遂げた1.5リッターのガソリン車で確かめた。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(後編) 2021.10.7 谷口信輝の新車試乗 谷口信輝がワインディングロードで新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。圧倒的な高性能を誇る同モデルだが、クルマ好きに伝えておきたい気になる点もあるという。それは一体……?
ホームへ戻る