メルセデス、「SLクラス」の仕様装備を一部変更

2014.08.07 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツSL350」
「メルセデス・ベンツSL350」
    拡大

メルセデス、「SLクラス」の仕様装備を一部変更

メルセデス・ベンツ日本は、オープンスポーツカー「SLクラス」の一部仕様・装備を見直し、2014年8月5日に発売した。

 

今回、「SL350」「SL550」については、スイッチひとつで瞬時にルーフトップの透過率を変更できる「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」が標準装備とされた。
ハイパフォーマンスモデル「SL63 AMG」は、5.5リッターV8ツインターボエンジンのアウトプットが増大(537ps、81.6kgm→585ps、91.8kgm)。さらに、リミテッドスリップデフを装備することで、コーナリング性能と走行安定性の向上が図られた。

また、カーボンファイバー製のフロントスポイラーリップやドアミラーなどを含む「AMGカーボンエクステリアパッケージ」に、マットブラックペイント/ポリッシュ仕上げのAMGマルチスポーク鍛造アルミホイール(フロント19インチ/リア20インチ)、AMGパフォーマンスステアリング、専用AMGスポーツサスペンション、AMGドライバーズパッケージなどを加えた「AMGダイナミックパッケージ」がオプション設定された。

SLクラス全モデルの価格は、以下の通り。
・SL350:1224万円
・SL550:1604万5000円
・SL63 AMG:2036万5000円
・SL65 AMG:3137万1000円

(webCG)

関連キーワード:
SL, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ SL の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「オートモビル カウンシル2021」の会場から(ヤナセクラシックカーセンター) 2021.4.9 画像・写真 美しくレストアされた歴代「メルセデス・ベンツSL」に加え、3Dプリンターによって製作された自動車部品や、ちょっとユニークで貴重なフォーミュラカーも出展。「オートモビル カウンシル2021」の会場から、ヤナセクラシックカーセンターの展示を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • 「メルセデス・ベンツCLS」がマイナーチェンジ フロントデザインを変更 2021.9.9 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2021年9月9日、4ドアクーペ「メルセデス・ベンツCLS」のマイナーチェンジモデルの国内導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。フロントまわりのデザインを変更したほか、装備の追加によって快適性の向上を図っている。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(前編) 2021.10.14 谷口信輝の新車試乗 「メルセデス・ベンツの最新技術とマイバッハブランドのラグジュアリーを融合させた」とうたわれる新型SUVと、レーシングドライバー谷口信輝がご対面。まず、こだわりの車内に乗り込んでみての印象は?
ホームへ戻る