第61回「ルノー・キャプチャー インテンス」

2014.08.08 水野和敏的視点

ルノー・日産アライアンスの成果

最近、「クロスオーバー」と呼ばれるクルマの選択肢がだいぶ増えてきたと思いませんか? それも、いかにもアメリカをターゲットにしたような大型なものではなく、日本の道でも使いやすそうなコンパクトなモデルがだいぶ出そろってきた感があります。そこで今回から、最新のクロスオーバー車をテストしていきたいと思います。そのトップバッターは「ルノー・キャプチャー」。日本では今年の2月に販売が開始された、今がまさに旬のコンパクトクロスオーバー車です。

5ドアボディーのサイズは全長4125×全幅1780×全高1565mm。同社のコンパクトハッチバック「ルーテシア」(4095×1750×1445mm)をひとまわり大きくして“リフトアップ”させたといえば、イメージがつかみやすいかもしれません。搭載されるエンジンは1.2リッター4気筒の直噴ターボ(120ps、19.4kgm)で、これにゲトラク製のツインクラッチ式トランスミッションを組み合わせ、前輪を駆動します。4WDモデルは用意されません。グレードはベーシックな「ゼン」(256万9000円)と、ツートンカラーの外装色を採用した「インテンス」(267万2000円)の2種類があり、今回テストしたのは後者です。

ちなみに、ルノーのクロスオーバー車としては、ルノーが商品企画を、日産が開発を担当した中型の「コレオス」があり、これよりひとまわり小型のキャプチャーも、コレオスと同様にルノー・日産の共同開発車という素性を持っています。いずれもグローバルに展開するモデルらしく、コレオスは韓国、キャプチャーはスペインで生産されます。

さて、そんなキャプチャーですが、第一印象は悪くはありませんでした。“親戚筋”にあたる「日産ジューク」は、ずいぶん子供っぽい外観ですが、キャプチャーはオシャレでカワイイけれど、それなりに価格なりの立派さといいますか、“販価感”はあります。さすがはフランス人のセンス! と言いたいのですが、じっくり観察してみるといろいろなことがわかってきました。


第61回「ルノー・キャプチャー インテンス」の画像 拡大

第61回「ルノー・キャプチャー インテンス」の画像 拡大

第61回「ルノー・キャプチャー インテンス」の画像 拡大

第61回「ルノー・キャプチャー インテンス」の画像
ルノー・キャプチャー インテンス
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4125×1780×1565mm/ホイールベース:2605mm/車重:1270kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6AT/最高出力:120ps/4900rpm/最大トルク:19.4kgm/2000rpm/タイヤ:(前)205/55R17 (後)205/55R17/車両本体価格:267万2000円
ルノー・キャプチャー インテンス
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4125×1780×1565mm/ホイールベース:2605mm/車重:1270kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6AT/最高出力:120ps/4900rpm/最大トルク:19.4kgm/2000rpm/タイヤ:(前)205/55R17 (後)205/55R17/車両本体価格:267万2000円
    拡大

関連キーワード:
キャプチャー, ルノー

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.23 試乗記 日本導入から4年を経たルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」の実力を、大幅なマイナーチェンジを機にあらためて検証。商品力高めのイマドキなクロスオーバーに“ルノーらしさ”はあるか? ドライブフィールを中心に、その出来栄えを確かめた。
  • 第179回:大山鳴動して鼠一匹出ず 2020.6.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第179回は「大山鳴動して鼠一匹出ず」。フェラーリを増車したのもつかの間、またもや魅惑的なターゲットが現れた。「DS」と同様、長年、筆者の心を捉えてやまない、シトロエン車伝統のある装置とは?
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
ホームへ戻る