クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第361回:ジェラテリア屋台の主人は「特命銀行員」だった!

2014.08.22 マッキナ あらモーダ!

行列のできるジェラート屋台

「夏はジェラートの季節」などという人がいる。だがイタリアでは、年間を通じてジェラテリア(ジェラート店)に人が絶えることはない。
スーツを着たおじいさんも散歩のついでに同じ年代の仲間とジェラートを食べている。そうした光景を目撃するたび、「ああいう老人に私もなりたい」とボクは思う。

この夏訪れたイタリア中部スタッジャ・セネーゼの「インターナショナル・フォルクスワーゲン・ミーティング2014」でのことだ。行列ができている一角があった。よく見ると、フォルクスワーゲン(VW)の初代「タイプ2 トランスポーター」を使ったジェラテリアだった。まさにイベントにぴったりの屋台である。中をのぞくと、おじさんと若者の計2名が忙しく働いている。

「おじさん、これ何年型ですか?」
お客が一瞬途絶えたのを見計らって、ボクは声をかけてみた。
すると、千歳飴(ちとせあめ)の袋に描かれている老人のような、そのおじさんから「これは遠く1967年に、ベルギーで登録されたものですよ」と答えが返ってきた。これは、ただアイキャッチのためにタイプ2を買ったのではない、とみた。

2014年7月、イタリア中部スタッジャ・セネーゼで開催された「インターナショナル・フォルクスワーゲン・ミーティング2014」で。人気のジェラテリア屋台は、「フォルクスワーゲン・タイプ2」の改造車。


    2014年7月、イタリア中部スタッジャ・セネーゼで開催された「インターナショナル・フォルクスワーゲン・ミーティング2014」で。人気のジェラテリア屋台は、「フォルクスワーゲン・タイプ2」の改造車。
    拡大
ケータリング式ジェラテリア「Frullallà(フルッララー)」の店主ロベルト・ロージさん(写真右)と、おいっ子のジャンルーカさん。
ケータリング式ジェラテリア「Frullallà(フルッララー)」の店主ロベルト・ロージさん(写真右)と、おいっ子のジャンルーカさん。 拡大

クルマ祭りから披露宴まで

おじさんの名前は、ロベルト・ロージさん。1959年生まれの今年55歳だ。イタリアで、このあたりの年代にはクルマに熱い人が多い。経済成長を背景にアウトストラーダが続々と延伸し、クルマが最も生き生きと走っていた時代に、少年期を過ごしているからだ。
出身地はピサ県のポンテデラ。ベスパの製造元ピアッジョ社の本拠地である。それゆえ「古い乗り物趣味の手始めはベスパでした」とロベルトさんは振り返る。 

ベスパに続くかたちで、古いVWに目覚めた。彼のVWトランスポーターは、ベルギーにおける新車時代からこの特装ボディーで、今と同様ジェラテリア屋台として使用されていた。初代オーナーが命名したニックネームは「ロジャー」だったらしい。

2005年、ロベルトさんはイタリアに輸入された41年もののロジャーを購入。満身創痍(そうい)の状態に15カ月にわたる丹念なレストアを施して、再びジェラテリア屋台としてよみがえらせた。

依頼があると赴くケータリング式で、相棒は今年28歳のおいっ子ジャンルーカ君だ。
「自動車イベントだけじゃありませんよ」とロベルトさんが言うので聞けば、各種パーティーなどにもお呼びがかかるという。

「特にウケるのは結婚披露宴です」
ホテルなどでフルコースの食事をふるまわれたゲストたちが「それではちょっと場を変えますか」と新郎新婦家族に導かれるまま庭に移動すると、プールサイドにロベルト&ジャンルーカのVWジェラテリアが待っている、といった演出に使われるらしい。

突然内部をのぞかせてもらったにもかかわらず、普通のジェラテリアを上回る清潔な器具が目に飛び込んだ。
突然内部をのぞかせてもらったにもかかわらず、普通のジェラテリアを上回る清潔な器具が目に飛び込んだ。 拡大
運転席を臨む。上部に置かれた扇風機も、いい味を出している。
運転席を臨む。上部に置かれた扇風機も、いい味を出している。 拡大

ロベルトさんの「正体」

「で、明日はどんな会場でお仕事ですか?」ボクがそう尋ねると、ロベルトさんの口からは、意外な答えが返ってきた。

「明日は、普段の仕事に戻ります」

キャンディーズの「普通の女の子に戻りたい」ではあるまいし。ボクがあっけにとられていると、ロベルトさんは「私は月曜から金曜までは銀行員です。ジェラート屋台は週末だけ」と、にこやかに教えてくれた。ふたつの顔をもつおじさんだったのだ。VWトランスポーター好きとして、究極のライフスタイルではないか。

それで思い出したのは、TVドラマの「特命係長・只野仁」だ。普段は大手広告代理店のさえない総務係長でありながら、いざ会長の特命を受けると、鍛えあげた体でヤクザなど悪者を退治する。その変身ぶりが見どころだ。

ロベルトさん、明日からは、どういう姿で仕事をしているのか? 
個人的には、VWトランスポーターを生き生きと語るジェラテリア店主のときとは裏腹に、只野係長のごとく限りなく目立たないサラリーマンであると楽しいのだが。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>)

いっときの休憩。
いっときの休憩。 拡大
ジェラートは6種類を用意。「結婚披露宴、誕生日、会議から大学卒業祝いまで、どんなイベントでも伺います」とロベルトさん。費用見積もりは随時。
ジェラートは6種類を用意。「結婚披露宴、誕生日、会議から大学卒業祝いまで、どんなイベントでも伺います」とロベルトさん。費用見積もりは随時。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。