「レクサスGS」一部改良 ナビ機能が大幅に進化

2014.08.21 自動車ニュース
「レクサスGS450h“バージョンL”」(ボディーカラーは「ソニックチタニウム」)
「レクサスGS450h“バージョンL”」(ボディーカラーは「ソニックチタニウム」)
    拡大

「レクサスGS」一部改良 ナビ機能が大幅に進化

トヨタ自動車は2014年8月21日、「レクサスGS」の仕様・装備を一部変更し、同年9月1日に発売すると発表した。

今回、ボディーカラーに2層構造の塗装膜を用いた「ソニックチタニウム」を新たに設定したほか、新形状のシャークフィンアンテナを採用した。

装備に関しては、各グレードの“バージョンL”に、助手席電動オットマンを標準で採用。またmicroSDカードの採用により、スピーディーな情報更新や、パソコンやオーディオ機器で保存した音楽データの再生を可能としたSDナビゲーションシステムを全車標準装備とした。

このほかにも「G-Link」の新機能として、音声対話サービス・先読み情報案内サービス「エージェント」や、アプリケーションソフトを追加できる「LEXUS Apps(レクサスアップス)」を採用した。

価格は529万6000円~827万9000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
GS, レクサス, 自動車ニュース

レクサス GS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS(前編:LS500h“バージョンL”、LS500h“Fスポーツ”) 2017.10.19 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」がフルモデルチェンジ。2017年10月19日に国内販売がスタートした。「従来の高級車の常識や概念にとらわれず、新たな価値観の提供を目指した」という、新型の姿を写真で紹介する。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • アウディA6 40 TDIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.6.29 試乗記 “ドイツ御三家”がしのぎを削る欧州Eセグメント。そこで奮闘する「アウディA6」に、本命ともいえる2リッターディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」が追加された。新たなパワートレインを得たA6の走りを、幅広いシチュエーションでチェックした。
  • 「レクサスIS」はなぜフルモデルチェンジしなかったのか? 2020.6.24 デイリーコラム 2020年6月16日に「レクサスIS」のマイナーチェンジモデルがお披露目された。すでにトヨタ/レクサスに新世代のFRシャシーが存在するなか、デビューから7年を経たISがフルモデルチェンジしなかったのはなぜなのだろうか。
  • 第182回:細かいことは忘れよう! 2020.6.30 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第182回は「細かいことは忘れよう!」。マイナーチェンジ後の「マツダ・ロードスター」にリベンジ試乗。完璧すぎたフィーリングに違和感!? カーマニアがスポーツカーに求める、あるべき姿とは?
ホームへ戻る