「レクサスGS」一部改良 ナビ機能が大幅に進化

2014.08.21 自動車ニュース
「レクサスGS450h“バージョンL”」(ボディーカラーは「ソニックチタニウム」)
「レクサスGS450h“バージョンL”」(ボディーカラーは「ソニックチタニウム」)
    拡大

「レクサスGS」一部改良 ナビ機能が大幅に進化

トヨタ自動車は2014年8月21日、「レクサスGS」の仕様・装備を一部変更し、同年9月1日に発売すると発表した。

今回、ボディーカラーに2層構造の塗装膜を用いた「ソニックチタニウム」を新たに設定したほか、新形状のシャークフィンアンテナを採用した。

装備に関しては、各グレードの“バージョンL”に、助手席電動オットマンを標準で採用。またmicroSDカードの採用により、スピーディーな情報更新や、パソコンやオーディオ機器で保存した音楽データの再生を可能としたSDナビゲーションシステムを全車標準装備とした。

このほかにも「G-Link」の新機能として、音声対話サービス・先読み情報案内サービス「エージェント」や、アプリケーションソフトを追加できる「LEXUS Apps(レクサスアップス)」を採用した。

価格は529万6000円~827万9000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
GS, レクサス, 自動車ニュース

レクサス GS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2018.3.6 試乗記 エモーショナルな走りをテーマに掲げ、新たなプラットフォームを基に開発された新型「レクサスLS」。ハイブリッドのスポーティーモデルに乗ってみると、トヨタがこのクルマに込めた並々ならぬ意欲が伝わってきた。
  • レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2021.2.24 試乗記 “フルモデルチェンジ並み”の改良が行われた「レクサスIS300h」に試乗。開発陣が主張する全面改良を選ばなかった理由や、こだわりの変更点をひとつずつ確かめていくと、そこには期待や予想を大きく超えた進化がみえてきた。
  • アウディRS 7スポーツバック 2021.2.22 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 「アウディRS 7スポーツバック」は世のクルマ好きの理想を体現した一台と言えるだろう。美しいスタイリングと確かな実用性を持ち、何より踏めば恐ろしいほど速い。これらを同時に実現せしめているのは、もちろんアウディの信奉する「技術」である。
  • 「アウディQ5」がマイナーチェンジ 新たに12Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載 2021.2.8 自動車ニュース アウディ ジャパンは2021年2月8日、ミドルサイズSUV「Q5」の改良モデルを導入し、同年3月8日に発売すると発表した。エクステリアデザインを大幅にアップデートしたほか、2リッターのガソリンおよびディーゼルエンジンにマイルドハイブリッドシステムを加えている。
ホームへ戻る