白×黒でキメた「SLクラス」の限定車発売

2014.08.22 自動車ニュース

白×黒でキメた「メルセデス・ベンツSLクラス」限定発売

メルセデス・ベンツ日本は、高級オープン2シーター「SLクラス」に特別限定車「SL350 2LOOK Edition」「SL63 AMG 2LOOK Edition」を設定。それぞれ30台と20台の限定で2014年8月22日に発売した。

 

 

今回の2LOOK Editionは、「内外装のブラック&ホワイトのコントラストを強調し、SLクラスのスポーティーかつモダンな個性をいっそう際立たせた」という特別仕様車。ボディーカラーはダイヤモンドホワイトのみで、インテリアはブラック。ステアリングホイールやシートの一部にdisignoプラチナホワイトのアクセントが入れられる。

ラインナップは2モデル。「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」を標準装備した「SL350」ベースのSL350 2LOOK Editionと、ハイパフォーマンスモデル「SL63 AMG」をベースとするSL63 AMG 2LOOK Editionが用意される。

それぞれの特別装備と価格は、以下の通り。

「メルセデス・ベンツSL350 2LOOK Edition」
「メルセデス・ベンツSL350 2LOOK Edition」
    拡大

■SL350 2LOOK Edition

<エクステリア>
・専用ブラックルーフピラー
・専用ポリッシュ/ブラックペイントの19インチAMG 7ツインスポークアルミホイール
・2LOOK Editionエンブレム

<インテリア>
・専用ブラックナッパレザーシート
・専用ツートーンAMGスポーツステアリング
・シートベンチレーター
・マルチコントロールシートバック
・ドライビングダイナミックシート
・マッサージ機能
・専用フロアマット

価格:1270万円(30台限定)

「SL63 AMG 2LOOK Edition」
「SL63 AMG 2LOOK Edition」
    拡大
「SL63 AMG 2LOOK Edition」のインテリア。
「SL63 AMG 2LOOK Edition」のインテリア。
    拡大

■SL63 AMG 2LOOK Edition

<エクステリア>
・専用ブラックルーフピラー
・専用ハイグロスブラックパーツ(ドアミラー、フェンダー&ボンネットフィン、フロントスポイラーリップ、リアディフューザーセンター、トランクリッドスポイラーリップ、LEDドライビングライトベース)
・専用ブラッククロームエグゾーストエンド
・専用色ポリッシュ/マットブラックペイントの19インチ/20インチAMGマルチスポーク鍛造アルミホイール
・2LOOK Editionエンブレム
・AMGカーボンファイバーエンジンカバー
・AMGレッドブレーキキャリパー
・AMGパフォーマンスサスペンション
・AMGドライバーズパッケージ

<インテリア>
・専用ブラックナッパフルレザー(ダイヤモンドステッチ入り)
・専用ツートーンAMGパフォーマンスステアリング
・専用ハイグロスブラックパーツ(エアアウトレットリング、ステアリングべゼル)
・専用フロアマット

価格:2185万円(20台限定)

(webCG)

関連キーワード:
SL, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ SL の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE300カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2021.1.15 試乗記 メルセデス・ベンツが綿々と歴史を紡ぐ4シーターオープンモデル「Eクラス カブリオレ」がマイナーチェンジ。アップデートされた運転支援システムやユーザーインターフェイスの出来栄えを確かめながら、開放感あふれる走りを味わった。
  • マクラーレン720Sスパイダー(前編) 2021.2.21 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回試乗するのは、F1マシン譲りのテクノロジーが注ぎ込まれた「マクラーレン720Sスパイダー」。最高出力720PSの4リッターV8ツインターボを搭載する、オープンスーパースポーツの印象は?
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
  • メルセデスが新型「Sクラス」を発売 高級サルーンのベンチマークがフルモデルチェンジ 2021.1.28 自動車ニュース メルセデス・ベンツが新型「Sクラス」を日本に導入。よりシンプルとなったデザインが特徴で、車内にはAR技術を用いたナビゲーションや立体的に映像を表示するディスプレイ、ジェスチャーコントロール機能など先進装備を満載。運転支援機能も大幅に進化している。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
ホームへ戻る