クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第255回:凍結路は恐るるに足らず!?
トーヨータイヤの新作「オブザーブ ガリットGIZ」を試す

2014.09.09 エディターから一言
トーヨータイヤの新しいスタッドレスタイヤ「オブザーブ ガリットGIZ」を装着した「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン」。
トーヨータイヤの新しいスタッドレスタイヤ「オブザーブ ガリットGIZ」を装着した「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン」。
    拡大

トーヨータイヤからスタッドレスタイヤ「オブザーブ ガリットGIZ」が発売された。2009年発売の「ガリットG5」も継続販売されるが、実質的な後継モデルだ。「GIZ」のGはグリップ、Iはアイス、Zはアルファベット最後の文字=究極を意味する。アイスのグリップが究極のスタッドレスタイヤを目指したということかー。北海道のトーヨータイヤサロマテストコースなどでテストする機会を得たので、報告したい。

「オブザーブ ガリットGIZ」のコンセプトは「冬のあらゆる路面でさらなる安心感を得られるスタッドレスタイヤ」。中でも凍結路面における制動とコーナリングの性能を強化した。
「オブザーブ ガリットGIZ」のコンセプトは「冬のあらゆる路面でさらなる安心感を得られるスタッドレスタイヤ」。中でも凍結路面における制動とコーナリングの性能を強化した。 拡大
センターブロック(トレッド面の中心部)には新技術「新吸着3Dサイプ」を採用した。サイプの閉じ込みを防いで除水効果を上げ、同時にサイプのエッジ効果を向上させる。“吸って、ひっかく”サイプというわけだ。
センターブロック(トレッド面の中心部)には新技術「新吸着3Dサイプ」を採用した。サイプの閉じ込みを防いで除水効果を上げ、同時にサイプのエッジ効果を向上させる。“吸って、ひっかく”サイプというわけだ。 拡大
「ガリットGIZ」のカットサンプル。さまざまな路面で安定性を得るために、高剛性ボディー構造を採用している。
「ガリットGIZ」のカットサンプル。さまざまな路面で安定性を得るために、高剛性ボディー構造を採用している。 拡大
発売サイズは13インチから18インチまでの計64サイズ。
発売サイズは13インチから18インチまでの計64サイズ。 拡大

吸水性能の向上が見どころ

1990年代の初めからスタッドレスタイヤをラインナップしてきた同社にとって、ガリットGIZは8世代目の製品となる。スタッドレスタイヤはサマータイヤに比べてモデルチェンジによる性能向上を体感しやすい。新製品をテストする度、数値的にも体感的にも目覚ましい進化を感じるが、さて今回はどうだろう。

トーヨータイヤのスタッドレスといえば、昔からスパイク効果を狙ったクルミの配合が最大の特徴。当然、最新作のガリットGIZにも採用されている。ちなみに、数あるクルミの種類の中でも鬼クルミの殻が一番いいらしい。さらに、前作ガリットG5で初めて採用した低温でも硬化しにくい素材「ナノゲル」も引き続き配合し、凹凸のある路面にしっかりとゴムが密着する効果をもたせた。

それらに加えて、ガリットGIZでは、新しい特徴を盛り込むことで、吸水性能が大幅にアップしたという。まず、センターブロックに、制動時や旋回時にブロックがたわんでもサイプがつぶれてしまわず、一定の空間が保たれる「新吸着3Dサイプ」を採用した。いっぽうで「NEO吸水カーボニックセル」という素材を配合することで、タイヤのゴム自体にスポンジのように水を吸う機能をもたせた(吸い込みっぱなしではなく遠心力で排出される)。

凍った路面でタイヤをグリップさせるうえで最大の難点が、タイヤが路面に接地した際に表面が溶けてできる水膜。だからこそスタッドレスタイヤには吸水性能が不可欠で、ガリットGIZでは、ゴムそのものにミクロレベルの吸水をさせ、形状にマクロレベルの吸水をさせる機能を併せもたせたという。

また、クルミ殻によるスパイク効果に加え、新たにセンターブロック脇のメディエイトブロックに、ブレーキング時やコーナリング時にたわんでも互いが支え合って剛性を保つ「コンビネーションブロック」を採用。それぞれのブロックの角が路面をひっかくエッジ効果などがしっかり保たれるという。

グリップの限界がわかりやすい

現行型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」で圧雪されたハンドリング路、現行型「トヨタ・プリウス」でアイス路面を試乗した。

ハンドリング路は、圧雪された路面とはいえ、テスト当日は降雪がひどく、どんどん新しい雪が積もっていく状態。アップダウンを含むハンドリング路は視界確保も含め厳しい条件でのテストだった。直線で加速と減速の縦方向のグリップを試す。FWD(前輪駆動)のゴルフということを考えると、十分過ぎる発進からのグリップ力が確保されていて、(安全上)雪道でこれ以上急発進する必要がないほどのスタートを切ることができる。減速も雪が積もった一般道でこれ以上何を望もうかというレベルでギュッと止まる。

とはいえ、同時に試したガリットG5も、これまた十分というレベルで加速して止まる。各社とも数世代前から雪上でのグリップ力は十分なレベルに達していて、乱暴な物言いをすれば、どれもいいという状態。ただし、旋回性能に限って言えば、ガリットGIZのほうがグリップの限界がわかりやすいために安心感が高く、新作らしいところを見せた。

サロマテストコースのハンドリング路を行くテスト車の「ゴルフTSIハイライン」。
サロマテストコースのハンドリング路を行くテスト車の「ゴルフTSIハイライン」。 拡大
タイヤサイズは225/45R17。
タイヤサイズは225/45R17。 拡大

第255回:凍結路は恐るるに足らず!?トーヨータイヤの新作「オブザーブ ガリットGIZ」を試すの画像 拡大

その差、明確

はっきり性能向上が体感できるのは氷上だ。GIZとG5を何度かずつ交互に約20km/h走行からフルブレーキングしてみた。プリウスはブルブルブルと激しくABSの振動と音をさせながら減速していくのだが、GIZのほうが完全にクルマが停止するまでのブルブルの時間が少なかった。制動距離の差は計測できなかったが、トーヨータイヤのテストによると10%短くなったそうだ。

旋回テストでは雪上と同様の印象を抱いた。すなわちガリットG5よりもガリットGIZのほうがグリップの限界をつかみやすい。少しずつスピードを上げながらロック直前付近まで切った状態で旋回するテストを繰り返すと、あるスピードでグリップを失うのだが、その瞬間が唐突にやってきたG5に対して、GIZだと「そろそろグリップの限界だな」→「ああグリップを失ってきた」→「もうダメ」という流れをつかむことができた。災害と一緒で予兆がわかれば対策しやすい。そろそろグリップを失うなとわかればスピードを下げることができるので安全につながる。

交通事故を起こさないために、ドライバーの技量もタイヤのグリップ力も、限界の一歩か二歩手前にとどめておくことが大前提だとすると、スタッドレスタイヤにとって、グリップの限界をドライバーにわかりやすく伝えるという特性は、絶対的なグリップ力を高めることと同じかそれ以上に大事な性能なんじゃないだろうか。その点、ガリットGIZはスタッドレスタイヤ進化の新たなフェーズに足を踏み入れているのかもしれない。

(文=塩見 智/写真=東洋ゴム工業)

もう一台のテスト車、「トヨタ・プリウス」。
もう一台のテスト車、「トヨタ・プリウス」。 拡大
タイヤサイズは195/65R15。
タイヤサイズは195/65R15。 拡大

第255回:凍結路は恐るるに足らず!?トーヨータイヤの新作「オブザーブ ガリットGIZ」を試すの画像 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。