メルセデス・ベンツGクラスに35周年記念モデル

2014.09.10 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツG63 AMG 35th Anniversary Edition」
「メルセデス・ベンツG63 AMG 35th Anniversary Edition」
    拡大

「メルセデス・ベンツGクラス」に35周年記念の限定車

メルセデス・ベンツ日本は、クロスカントリービークル「Gクラス」に、限定車「G63 AMG 35th Anniversary Edition」「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」を設定し、受注を開始した。デリバリーの開始時期は、前者が2014年10月末、後者は9月半ばとなる。

「G63 AMG 35th Anniversary Edition」のインテリア。
「G63 AMG 35th Anniversary Edition」のインテリア。
    拡大
「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」。ボディーカラーはマグネタイトブラック(写真手前)とポーラーホワイトから選べる。
「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」。ボディーカラーはマグネタイトブラック(写真手前)とポーラーホワイトから選べる。
    拡大
「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」のインテリア。
「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」のインテリア。
    拡大

今回の特別限定車「35th Anniversary Edition」は、1979年に誕生したGクラスの35周年を記念して設定されたもの。ベースモデルの異なる、2車種が用意される。

このうちG63 AMG 35th Anniversary Editionは、ハイパフォーマンスモデル「G63 AMG」がベース。ボディーカラーにはミリタリーペイント「イエローオリーブマット」が採用され、専用の「マットブラックペイント20インチAMG 5スポークアルミホイール」が組み合わされる。
インテリアは、通常オプション扱いとなる「designoエクスクルーシブインテリアパッケージ」でドレスアップ。ダイヤモンドステッチの入ったチタニウムパール/ブラックのdesignoエクスクルーシブレザーシートや、ナッパレザーを用いたダブルステッチ入りのダッシュボードでぜいたくな室内空間が演出される。

G350ブルーテック 35th Anniversary Editionは、ディーゼル車の「G350ブルーテック」がベース。通常は設定のない「AMGオーバーフェンダー」と「専用チタニウムグレーペイント18インチアルミホイール」を採用し、スポーティーなイメージを強めたという。
ボディーカラーは、「マグネタイトブラック」(メタリックペイント)と「ポーラーホワイト」(ソリッドペイント)の2色を用意。インテリアは、チェストナットブラウンの本革シート仕様(前席・後席シートヒーター付き)となっている。

各モデルの販売台数と価格は、以下の通り。
・G63 AMG 35th Anniversary Edition(35台):1950万円
・G350ブルーテック 35th Anniversary Edition(マグネタイトブラック130台、ポーラーホワイト70台):1050万円

(webCG)

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Gクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • 内外装を黒で統一した「メルセデス・ベンツGクラス」登場 2019.4.15 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年4月15日、「メルセデス・ベンツGクラス」に特別仕様車「AMG G63エディションマットブラック」を設定し、同年5月12日までの期間限定で注文受け付けを開始した。
  • BMW R18B(6MT)【レビュー】 2021.9.22 試乗記 BMWのビッグクルーザー「R18」シリーズに、巨大なカウルとサイドケースを備えた「R18B」が登場。ドイツ発のアメリカンツアラーは、どのような走りを味わわせてくれるのか。セグメントのど真ん中に切り込んだBMWの本気度を探った。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミックD300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.13 試乗記 ランドローバーの新しい3リッター直6ディーゼルを搭載した「レンジローバー スポーツ」に試乗。ブラッシュアップされた内外装の仕上がりや、同じ48Vマイルドハイブリッド機構を組み込んだ直6ガソリンエンジン車との違いを確かめた。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.20 試乗記 マイナーチェンジした「MINIクラブマン」の高性能モデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。最高出力306PSのパワーユニットと4WDが組み合わされたステーションワゴンは、ホットな走りとクールなフォルムが魅力の、アガる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る