メルセデス・ベンツGクラスに35周年記念モデル

2014.09.10 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツG63 AMG 35th Anniversary Edition」
「メルセデス・ベンツG63 AMG 35th Anniversary Edition」
    拡大

「メルセデス・ベンツGクラス」に35周年記念の限定車

メルセデス・ベンツ日本は、クロスカントリービークル「Gクラス」に、限定車「G63 AMG 35th Anniversary Edition」「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」を設定し、受注を開始した。デリバリーの開始時期は、前者が2014年10月末、後者は9月半ばとなる。

「G63 AMG 35th Anniversary Edition」のインテリア。
「G63 AMG 35th Anniversary Edition」のインテリア。
    拡大
「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」。ボディーカラーはマグネタイトブラック(写真手前)とポーラーホワイトから選べる。
「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」。ボディーカラーはマグネタイトブラック(写真手前)とポーラーホワイトから選べる。
    拡大
「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」のインテリア。
「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」のインテリア。
    拡大

今回の特別限定車「35th Anniversary Edition」は、1979年に誕生したGクラスの35周年を記念して設定されたもの。ベースモデルの異なる、2車種が用意される。

このうちG63 AMG 35th Anniversary Editionは、ハイパフォーマンスモデル「G63 AMG」がベース。ボディーカラーにはミリタリーペイント「イエローオリーブマット」が採用され、専用の「マットブラックペイント20インチAMG 5スポークアルミホイール」が組み合わされる。
インテリアは、通常オプション扱いとなる「designoエクスクルーシブインテリアパッケージ」でドレスアップ。ダイヤモンドステッチの入ったチタニウムパール/ブラックのdesignoエクスクルーシブレザーシートや、ナッパレザーを用いたダブルステッチ入りのダッシュボードでぜいたくな室内空間が演出される。

G350ブルーテック 35th Anniversary Editionは、ディーゼル車の「G350ブルーテック」がベース。通常は設定のない「AMGオーバーフェンダー」と「専用チタニウムグレーペイント18インチアルミホイール」を採用し、スポーティーなイメージを強めたという。
ボディーカラーは、「マグネタイトブラック」(メタリックペイント)と「ポーラーホワイト」(ソリッドペイント)の2色を用意。インテリアは、チェストナットブラウンの本革シート仕様(前席・後席シートヒーター付き)となっている。

各モデルの販売台数と価格は、以下の通り。
・G63 AMG 35th Anniversary Edition(35台):1950万円
・G350ブルーテック 35th Anniversary Edition(マグネタイトブラック130台、ポーラーホワイト70台):1050万円

(webCG)

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Gクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツG350d(4WD/9AT)【試乗記】 2020.2.20 試乗記 メルセデス・ベンツ伝統のオフローダー「Gクラス」に、直6ディーゼルターボエンジンを搭載した「G350d」が登場。ラインナップのエントリーモデルであり、同時にもっとも“クロカンらしさ”を感じさせるモデルでもあるニューフェイスの出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG G63 2018.2.14 画像・写真 ダイムラーは2018年2月13日、新型「Gクラス」の高性能仕様「メルセデスAMG G63」を発表した。その姿を画像で紹介する。4リッターV8ツインターボエンジンは585psを生み出し、0-100km/h:4.5秒という加速性能がうたわれている。
  • ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.10.3 試乗記 「ボルボXC60」の2リッターガソリンターボ車が、マイルドハイブリッドシステムを搭載した「B5」に進化。電動アシスト機構を得たボルボのアッパーミドルクラスSUVは、プレミアムなのにつつましいという、得難いキャラクターのモデルに仕上がっていた。
  • 日産キックスX ツートーンインテリアエディション(FF)【試乗記】 2020.9.30 試乗記 日産独自のハイブリッドシステム「e-POWER」を引っさげて登場した、新型SUV「キックス」。多くのライバルがひしめき合う激戦区で、勝算はあるのか? 市街地からワインディングロードまで走らせた印象をリポートする。
  • メルセデス・ベンツGLB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.29 試乗記 メルセデス・ベンツの人気SUV「GLA」と「GLC」の間に追加された、3列7人乗りの「GLB」。精神的支柱の「Gクラス」を想起させる四角い背高ボディーを背負ったニューモデルの仕上がりやいかに? 2リッターディーゼルのFF車「GLB200d」に試乗した。
ホームへ戻る