メルセデス・ベンツGクラスに35周年記念モデル

2014.09.10 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツG63 AMG 35th Anniversary Edition」
「メルセデス・ベンツG63 AMG 35th Anniversary Edition」
    拡大

「メルセデス・ベンツGクラス」に35周年記念の限定車

メルセデス・ベンツ日本は、クロスカントリービークル「Gクラス」に、限定車「G63 AMG 35th Anniversary Edition」「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」を設定し、受注を開始した。デリバリーの開始時期は、前者が2014年10月末、後者は9月半ばとなる。

「G63 AMG 35th Anniversary Edition」のインテリア。
「G63 AMG 35th Anniversary Edition」のインテリア。
    拡大
「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」。ボディーカラーはマグネタイトブラック(写真手前)とポーラーホワイトから選べる。
「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」。ボディーカラーはマグネタイトブラック(写真手前)とポーラーホワイトから選べる。
    拡大
「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」のインテリア。
「G350ブルーテック 35th Anniversary Edition」のインテリア。
    拡大

今回の特別限定車「35th Anniversary Edition」は、1979年に誕生したGクラスの35周年を記念して設定されたもの。ベースモデルの異なる、2車種が用意される。

このうちG63 AMG 35th Anniversary Editionは、ハイパフォーマンスモデル「G63 AMG」がベース。ボディーカラーにはミリタリーペイント「イエローオリーブマット」が採用され、専用の「マットブラックペイント20インチAMG 5スポークアルミホイール」が組み合わされる。
インテリアは、通常オプション扱いとなる「designoエクスクルーシブインテリアパッケージ」でドレスアップ。ダイヤモンドステッチの入ったチタニウムパール/ブラックのdesignoエクスクルーシブレザーシートや、ナッパレザーを用いたダブルステッチ入りのダッシュボードでぜいたくな室内空間が演出される。

G350ブルーテック 35th Anniversary Editionは、ディーゼル車の「G350ブルーテック」がベース。通常は設定のない「AMGオーバーフェンダー」と「専用チタニウムグレーペイント18インチアルミホイール」を採用し、スポーティーなイメージを強めたという。
ボディーカラーは、「マグネタイトブラック」(メタリックペイント)と「ポーラーホワイト」(ソリッドペイント)の2色を用意。インテリアは、チェストナットブラウンの本革シート仕様(前席・後席シートヒーター付き)となっている。

各モデルの販売台数と価格は、以下の通り。
・G63 AMG 35th Anniversary Edition(35台):1950万円
・G350ブルーテック 35th Anniversary Edition(マグネタイトブラック130台、ポーラーホワイト70台):1050万円

(webCG)

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • メルセデス、新型「Gクラス」にディーゼルを追加 2018.12.25 自動車ニュース 独ダイムラーは2018年12月21日(現地時間)、新型「メルセデス・ベンツGクラス」のディーゼルエンジン搭載車「G350d」を発表した。最高出力286ps、最大トルク600Nmという実力を持つ。欧州でのデリバリーは2019年1月を予定しているという。
  • 新型「ポルシェ911カブリオレ」がデビュー 2019.1.10 自動車ニュース 独ポルシェは2019年1月9日(現地時間)、2018年11月開催のロサンゼルスモーターショーで発表された新型「911」のオープン版となる「911カブリオレ」を発表した。第8世代の911として初めてのバリエーションとなる。
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
ホームへ戻る