「アウディA4」にスポーティーな特別仕様車

2014.09.10 自動車ニュース

「アウディA4」の特別仕様車「urban style edition」。


	「アウディA4」の特別仕様車「urban style edition」。
	拡大

「アウディA4」にスポーティーな特別仕様車

アウディ ジャパンは2014年9月10日、「A4」および「A4アバント」に特別仕様車「urban style edition」を設定し、同日に販売を開始した。

今回のurban style editionは、「新たな外装色や装備を採用し、A4本来のスポーティーさ、デザイン性をより一層引き立てた」という特別限定車。
ベースとなるのは、2リッター直4ターボエンジンを搭載するエントリーモデル「A4 2.0 TFSI」「A4 2.0 TFSIクワトロ」「A4アバント 2.0 TFSI」「A4アバント 2.0 TFSIクワトロ」で、主に以下の装備が与えられる。

<エクステリア>
・ハイグロスブラックのフロントグリル
・ブラックテールパイプ(セダンのみ)
・5アームローターデザイン コントラストグレーアルミホイール(ホイールサイズ:7.5J×17、タイヤサイズ:225/50R17)

<インテリア>
・ハイグロスインストゥルメントパネル
・マルチファンクション&パドルシフト付き本革巻き3スポークスポーツステアリングホイール
・ステンレス製アクセルペダル&ブレーキペダル

セダンのA4は合計200台、ワゴンのA4アバントは合計300台の限定(計500台)で販売される。全車、ハンドル位置は右側のみとなる。価格は以下の通り。

・A4 2.0 TFSI urban style edition:466万円
・A4 2.0 TFSIクワトロ urban style edition:546万円
・A4アバント 2.0 TFSI urban style edition:494万円
・A4アバント 2.0 TFSIクワトロ urban style edition:574万円

(webCG)

関連キーワード:
A4, A4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス」日本上陸 2020.9.10 自動車ニュース マイナーチェンジが施された最新型「メルセデス・ベンツEクラス/Eクラス ステーションワゴン/Eクラス オールテレイン」が上陸。2020年9月10日、予約注文の受け付けが開始された。デリバリーは、同年9月から順次行われる。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • 第148回:衝撃のアウディA6 2019.10.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第148回は「衝撃のアウディA6」。5代目となる新型に試乗! “どのモデルも同じ乗り味”“おりこうすぎる”というネガティブな先入観から一転、カーマニア人間国宝を目指す筆者の前に現れた、新たな境地とは?
  • アウディA6 55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.6.25 試乗記 アウディの上級モデル「A6」が5代目に進化。新しいプラットフォームとエンジン、そして48Vマイルドハイブリッド機構を備えた新型は、どのような走りを実現しているのか? まず日本に導入されたV6ユニットの上級グレード「55 TFSIクワトロ」で試した。
ホームへ戻る