「アウディA4」にスポーティーな特別仕様車

2014.09.10 自動車ニュース

「アウディA4」の特別仕様車「urban style edition」。


	「アウディA4」の特別仕様車「urban style edition」。
	拡大

「アウディA4」にスポーティーな特別仕様車

アウディ ジャパンは2014年9月10日、「A4」および「A4アバント」に特別仕様車「urban style edition」を設定し、同日に販売を開始した。

今回のurban style editionは、「新たな外装色や装備を採用し、A4本来のスポーティーさ、デザイン性をより一層引き立てた」という特別限定車。
ベースとなるのは、2リッター直4ターボエンジンを搭載するエントリーモデル「A4 2.0 TFSI」「A4 2.0 TFSIクワトロ」「A4アバント 2.0 TFSI」「A4アバント 2.0 TFSIクワトロ」で、主に以下の装備が与えられる。

<エクステリア>
・ハイグロスブラックのフロントグリル
・ブラックテールパイプ(セダンのみ)
・5アームローターデザイン コントラストグレーアルミホイール(ホイールサイズ:7.5J×17、タイヤサイズ:225/50R17)

<インテリア>
・ハイグロスインストゥルメントパネル
・マルチファンクション&パドルシフト付き本革巻き3スポークスポーツステアリングホイール
・ステンレス製アクセルペダル&ブレーキペダル

セダンのA4は合計200台、ワゴンのA4アバントは合計300台の限定(計500台)で販売される。全車、ハンドル位置は右側のみとなる。価格は以下の通り。

・A4 2.0 TFSI urban style edition:466万円
・A4 2.0 TFSIクワトロ urban style edition:546万円
・A4アバント 2.0 TFSI urban style edition:494万円
・A4アバント 2.0 TFSIクワトロ urban style edition:574万円

(webCG)

関連キーワード:
A4, A4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 7スポーツバック 2021.2.22 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 「アウディRS 7スポーツバック」は世のクルマ好きの理想を体現した一台と言えるだろう。美しいスタイリングと確かな実用性を持ち、何より踏めば恐ろしいほど速い。これらを同時に実現せしめているのは、もちろんアウディの信奉する「技術」である。
  • アウディRS 6アバント 2021.2.15 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 最高出力600PS、最大トルク800N・mのV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS 6アバント」は単なる高性能マシンではない。ひとたび手綱を緩めてやればその奥底に流れる血が騒ぐ。ラリーウエポンのれっきとした末裔(まつえい)であることをすぐに感じ取れることだろう。
  • アウディRS 5クーペ 2021.2.8 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 疾走感に満ちたフォルムが印象的な2ドアモデル「アウディRS 5クーペ」。本格派スポーツカーのようなパフォーマンスが味わえる一方で、時に効率を重視した現代的な走りが実感できる二面性もまた、このモデルの注目すべき個性である。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
  • アウディのフラッグシップEV「e-tron GT」がデビュー 高性能なRSモデルもラインナップ 2021.2.10 自動車ニュース 独アウディは2021年2月9日(現地時間)、新型EV「e-tron GTクワトロ」「RS e-tron GT」を世界初公開した。いずれもハイパフォーマンスな4ドアクーペで、同ブランドのEVのフラッグシップと位置づけられている。
ホームへ戻る