「アウディA4」の特別仕様車「マイスターシュトュック」登場

2019.05.27 自動車ニュース

アウディ ジャパンは2019年5月27日、「A4/A4アバント」の特別仕様車「Meisterstueck(マイスターシュトュック)」を発表した。同年6月11日に販売を開始する。

車名となったマイスターシュトュックは、英語のマスターピースにあたる“傑作”を意味するドイツ語。従来の主要グレードである「スポーツ」をベースに装備の充実を図っており、今後同グレードはマイスターシュトュックに置き換わる。

搭載パワートレイン別の特別装備は以下の通り(「セダン/アバント」の装備は同等)。

【35 TFSI】

  • LEDヘッドライト
  • LEDリアコンビネーションライト
  • アンビエントライティング
  • 5ツインスポークスターデザイン18インチアルミホイール
  • 3ゾーンエアコンディショナー
  • 助手席電動シート

【40 TFSI/45 TFSIクワトロ】

  • LEDヘッドライト
  • LEDリアコンビネーションライト
  • アンビエントライティング
  • 5ツインスポークスターデザイン18インチアルミホイール
  • パーシャルレザーインテリア

価格は以下の通り。

  • A4 35 TFSIマイスターシュトュック:499万9000円
  • A4アバント35 TFSIマイスターシュトュック:528万9000円
  • A4 40 TFSIマイスターシュトュック:578万円
  • A4アバント40 TFSIマイスターシュトュック:607万円
  • A4 45 TFSIクワトロ マイスターシュトュック:646万円
  • A4アバント45 TFSIクワトロ マイスターシュトュック:675万円

(webCG)

アウディA4/A4アバント マイスターシュトュック
アウディA4/A4アバント マイスターシュトュック拡大

関連キーワード:
A4, A4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.23 試乗記 圧倒的な速さを誇るアルピナ各車だが、目指すところは「毎日使える実用性」であり、それは最新の「B3」にもきちんと継承されている。先代モデルからの進化点と変化点を、ワインディングロードで探ってみた。
  • アウディA4/A4アバント 2021.1.11 半世紀の進化の到達点 新アウディA4<AD> デザインからメカニズムまでリファインされた、アウディの基幹モデル「A4」「A4アバント」。一段と磨きのかかった最新型の走りは、このブランドならではの確かな技術力を感じさせてくれた。
ホームへ戻る