TFT液晶メーター採用の「フィアット500S」発売

2014.10.01 自動車ニュース
「フィアット500S」
「フィアット500S」
    拡大

TFT液晶メーター採用の「フィアット500S」発売

フィアット クライスラー ジャパンは、新たに「TFTメータークラスター」を採用したコンパクトカー「フィアット500S」を、2014年9月30日に発売した。

今回、フィアットブランドのモデルとしては初めて、500S(FF/5MT)に「TFTメータークラスター」が採用された。液晶画面内には、速度計、エンジン回転計、水温計、燃料計、燃費情報などに加え、“エコ運転”の達成度を5段階で示す「エコインジケーター」が表示される。
「エコノミーモード」選択時に、アクセルコントロールに応じた加減速のエコレベルを伝える「アクセルコントロールインジケーター」が表示されるのも特徴だ。

インテリアはブラック基調。シートにブルーまたはレッドのラインが施された、2タイプから選択できる。ボディーカラーは、500S専用色「ブルーイタリー」のほか、「ボサノバホワイト」「パソドブレレッド」「グルーヴメタルグレー」を加えた全4色がラインナップされる。

価格は225万7200円。

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る