「日産ノート」マイナーチェンジ、特別仕様車も

2014.10.10 自動車ニュース
「日産ノートX DIG-S Vセレクション+Safety」
「日産ノートX DIG-S Vセレクション+Safety」
    拡大

「日産ノート」がマイナーチェンジ、特別仕様車も登場

日産自動車は2014年10月10日、コンパクトカー「ノート」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

新色の「インペリアルアンバー」
新色の「インペリアルアンバー」
    拡大
「X DIG-S」のインストゥルメントパネルまわり。
「X DIG-S」のインストゥルメントパネルまわり。
    拡大
「X DIG-S」のシート。
「X DIG-S」のシート。
    拡大

今回のマイナーチェンジは内外装デザインの一部変更と装備の強化、ラインナップの見直しが主な内容となっている。

具体的には、全グレードで新デザインのステアリングホイールを採用したほか、上級グレード「メダリスト」以外のフロントグリルのデザインを変更。ボディーカラーでは従来の「オーロラモーヴ」を廃止し、新たに「インペリアルアンバー」を採用した(ともに有償色)。

装備については、VDCとサイドターンランプ付きドアミラーを全車に標準装備としたほか、LEDヘッドランプを、メダリストに標準装備、「S DIG-S」を除くその他のグレードにオプション設定とした。また、これまでメダリストのみにオプション設定していた15インチアルミホイールを全グレードで選択可能としたほか、同じくメダリストのみに設定していたオートライトシステムを、S DIG-Sを除くすべてのグレードで選択可能とした。

ラインナップに関しては、エントリーグレードの「S」を廃止するとともに、「X」「X DIG-S」「X FOUR」および、それぞれの「エアロスタイル」をベースに、「エマージェンシーブレーキ」と「LDW(車線逸脱警報)」を標準装備した特別仕様車「Vセレクション+Safety」を新たに設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。

ノート
・X:139万9680円
・X Vセレクション+Safety:139万2120円
・X FOUR:161万3520円
・X FOUR Vセレクション+Safety:159万3000円
・S DIG-S:154万8720円
・X DIG-S:164万520円
・X DIG-S Vセレクション+Safety:163万2960円
・メダリスト:182万6280円
・メダリスト エマージェンシーブレーキパッケージ:189万1080円

ノート エアロスタイル
・Xエアロスタイル:155万880円
・Xエアロスタイル V+Safety:154万3320円
・X FOURエアロスタイル:176万4720円
・X FOURエアロスタイル V+Safety:174万4200円
・X DIG-Sエアロスタイル:179万1720円
・X DIG-Sエアロスタイル V+Safety:178万4160円

(webCG)
 

関連キーワード:
ノート, 日産, 自動車ニュース

日産 ノート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2018.9.27 試乗記 2017年に登場した、ニスモの名を冠する「日産ノートe-POWER NISMO」。そのハイパワーバージョンとして「e-POWER NISMO S」が追加された。ガソリンエンジンモデルの「ノートNISMO」(98ps)と「ノートNISMO S」(140ps)の関係と同様に、末尾にある「S」の文字がハイパワーバージョンの証しとなる。
  • 日産マーチNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2014.2.18 試乗記 「ジューク」と「フェアレディZ」に続き、NISMOの名を持つ「マーチ」が登場。モータースポーツで培われたノウハウが注がれたスーパーマーチの走りはいかに? 1.5リッター自然吸気エンジンに5MTを組み合わせた上級モデル「NISMO S」に試乗した。
ホームへ戻る