アウディがサーキットで無人自動走行を披露

2014.10.21 自動車ニュース
ホッケンハイムサーキットを行く「アウディRS 7」自動運転コンセプトカー。
ホッケンハイムサーキットを行く「アウディRS 7」自動運転コンセプトカー。 拡大

アウディがサーキットで無人自動走行を披露

独アウディは2014年10月19日、ドイツのホッケンハイムサーキットで、「アウディRS 7」自動運転コンセプトカーの無人走行デモンストレーションを行った。

■レーシングスピードでコースを疾走

無人走行デモは、ドイツツーリングカー選手権(DTM)第10戦ホッケンハイムの会場で、観衆を前にして行われた。アウディRS 7自動運転コンセプトは正確な走りで、無事サーキットを1周した。ちなみにタイムは2分あまり。市販車としてはなかなかのペースだ(DTMのレーシングカーだと1分30秒台)。

自動運転に必要なGPSデータは標準的なWi-Fi(無線LAN)と高周波電波を使って車両に送られた。同時に、車両に搭載された3Dカメラがコースを監視し、事前にプログラムされた映像データとの違いを検証しながら走行する仕組みが採られた。

自動運転は同社にとって最も重要な開発領域のひとつで、米スタンフォード大学などと共同で開発を行っている。

(webCG)

関連キーワード:
A7スポーツバック, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A7スポーツバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4/A4アバント 2021.1.11 半世紀の進化の到達点 新アウディA4<AD> デザインからメカニズムまでリファインされた、アウディの基幹モデル「A4」「A4アバント」。一段と磨きのかかった最新型の走りは、このブランドならではの確かな技術力を感じさせてくれた。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
  • アウディのフラッグシップEV「e-tron GT」がデビュー 高性能なRSモデルもラインナップ 2021.2.10 自動車ニュース 独アウディは2021年2月9日(現地時間)、新型EV「e-tron GTクワトロ」「RS e-tron GT」を世界初公開した。いずれもハイパフォーマンスな4ドアクーペで、同ブランドのEVのフラッグシップと位置づけられている。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
  • アウディRS 4アバント 2021.2.1 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 最高出力450PSのパワフルなV6ツインターボとAWD「クワトロ」が織りなす走り、そしてワゴンのパッケージ。「アウディスポーツ」の始祖たる「RS2」のDNAを受け継ぐ「RS 4アバント」は、さまざまな要望に応えてくれるオールラウンダーと呼ぶにふさわしい存在に仕上がっていた。
ホームへ戻る