第148回:衝撃のアウディA6

2019.10.29 カーマニア人間国宝への道

アウディには「バカ」がない

当連載では、アウディの話題をメインで取り上げたことがない。アウディがいいクルマをつくっているのは間違いのない事実だが、私のココロにはまったく引っかからなかった。

アウディは、強烈なパフォーマンスを持つモデルも多数ラインナップしている。RS系はどれもこれもすさまじい性能だし、サウンドも迫力満点だ。その上には「R8」というスーパースポーツもある。でも、それらを欲しいと思ったことは一度もない。

なぜならば、アウディというブランドは、なにもかもがあまりにも清潔かつおりこうすぎるからだ。

例えば、フェラーリやランボルギーニって、「バカ」じゃないですか。バカがつくってバカが乗るというような。アントニオ猪木は「馬鹿になれ」と言ったが、私は「バカになりたければフェラーリやランボルギーニに乗れ!」と言いたい。

同じドイツ御三家でも、メルセデスやBMWは、アウディに比べればバカである。

メルセデスは、なにがどうなってもやっぱり権威的。威張ってふんぞり返っているような大げさなイメージがあり、どうやってもちょっとバカっぽい。

一方BMWは、エンジンバカであり走りバカ。知的なイメージもあるけれど、BMWにはドライバーを狂わせ、バカにしてしまう何かがある。なにせ駆けぬける歓びですから。

しかし、アウディには「バカ」がない。なにをやってもクールで、バカにならないように一歩引いている。そのスカした感じが心にブレーキをかける。

アウディR8
アウディR8拡大
筆者の愛車「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)拡大
筆者の愛車「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.6.25 試乗記 アウディの上級モデル「A6」が5代目に進化。新しいプラットフォームとエンジン、そして48Vマイルドハイブリッド機構を備えた新型は、どのような走りを実現しているのか? まず日本に導入されたV6ユニットの上級グレード「55 TFSIクワトロ」で試した。
  • 第39回:アウディA6 2019.7.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 アウディ伝統のEセグメントモデル「A6」が、5代目にモデルチェンジ。新世代のシャシーやパワートレインの採用など、その“中身”が話題を呼んでいる新型だが、“外見”=デザインの出来栄えはどうなのか? 現役のカーデザイナー明照寺彰が斬る。
  • アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.4.18 試乗記 2019年3月に日本導入が始まったアウディの新型「A6」。同時にデビューした「セダン」とステーションワゴンの「アバント」のうち、まずは3リッターV6エンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み込んだセダン「55 TFSIクワトロ」の印象を報告する。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.10 試乗記 2種類の過給機とマイルドハイブリッドシステムを搭載する、メルセデスの新型セダン「AMG E53」。その走りは極めてスポーティーでありながら、昔ながらのやんちゃな高性能モデルとは違った楽しさに満ちたものだった。
ホームへ戻る