第148回:衝撃のアウディA6

2019.10.29 カーマニア人間国宝への道

アウディには「バカ」がない

当連載では、アウディの話題をメインで取り上げたことがない。アウディがいいクルマをつくっているのは間違いのない事実だが、私のココロにはまったく引っかからなかった。

アウディは、強烈なパフォーマンスを持つモデルも多数ラインナップしている。RS系はどれもこれもすさまじい性能だし、サウンドも迫力満点だ。その上には「R8」というスーパースポーツもある。でも、それらを欲しいと思ったことは一度もない。

なぜならば、アウディというブランドは、なにもかもがあまりにも清潔かつおりこうすぎるからだ。

例えば、フェラーリやランボルギーニって、「バカ」じゃないですか。バカがつくってバカが乗るというような。アントニオ猪木は「馬鹿になれ」と言ったが、私は「バカになりたければフェラーリやランボルギーニに乗れ!」と言いたい。

同じドイツ御三家でも、メルセデスやBMWは、アウディに比べればバカである。

メルセデスは、なにがどうなってもやっぱり権威的。威張ってふんぞり返っているような大げさなイメージがあり、どうやってもちょっとバカっぽい。

一方BMWは、エンジンバカであり走りバカ。知的なイメージもあるけれど、BMWにはドライバーを狂わせ、バカにしてしまう何かがある。なにせ駆けぬける歓びですから。

しかし、アウディには「バカ」がない。なにをやってもクールで、バカにならないように一歩引いている。そのスカした感じが心にブレーキをかける。

アウディR8
アウディR8拡大
筆者の愛車「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)拡大
筆者の愛車「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • アウディA6アバント40 TDI Sトロニック(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.12.11 試乗記 アウディのアッパーミドルセダン/ワゴンである「A6」シリーズ。そのディーゼルモデル「40 TDI」に本国ドイツで試乗。日本にも導入される予定の2リッターディーゼルターボ搭載車は、現行A6の本命と呼ぶにふさわしいモデルに仕上がっていた。
  • 第39回:アウディA6 2019.7.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 アウディ伝統のEセグメントモデル「A6」が、5代目にモデルチェンジ。新世代のシャシーやパワートレインの採用など、その“中身”が話題を呼んでいる新型だが、“外見”=デザインの出来栄えはどうなのか? 現役のカーデザイナー明照寺彰が斬る。
  • アウディA7スポーツバック 2017.10.24 画像・写真 独アウディが新型「A7スポーツバック」を世界初公開した。新型「A8」から導入が進められている新しいデザインコンセプトに加え、48Vのマイルドハイブリッド機構が組み合わされた新しいパワープラントも特徴となっている。
  • アウディA4アバント2.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.21 試乗記 アウディといえば四輪駆動のクワトロにとどめを刺すが、FFモデルも侮ってはいけない。「A4アバント2.0 TFSIスポーツ」に乗れば、透明で清涼感に満ちた新しいアウディが味わえる。「らしさ」が再定義されていることに気づくはずだ。
ホームへ戻る