ルノー・ルーテシアにガラスルーフ付きの限定車

2014.10.25 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシア クレール」
「ルノー・ルーテシア クレール」
    拡大

「ルノー・ルーテシア」にガラスルーフ付きの限定モデル

ルノー・ジャポンは2014年10月25日、「ルーテシア」に特別仕様車「クレール」を設定し、同年11月6日より100台限定で販売すると発表した。

今回の特別仕様車は、上級グレードの「インテンス」をベースに固定式のグラスルーフを採用したものである。また、内外装の各所にあしらわれた、赤いアクセントカラーも特徴となっている。

具体的な専用装備は以下の通り。
・パノラミックルーフ(固定グラスルーフ)
・ルージュメタリックフィニッシャー(フロントグリル、サイドプロテクションモール、トランクリッド)
・ルージュ 17インチアロイホイール
・ルージュインテリアパックデザイン(ステアリングホイール、エアコン送風口フィニッシャー、ドアトリムフィニッシャー)

ボディーカラーは「ブラン グラシエ」「グリ カシオペ メタリック」の2色で、それぞれ50台が限定販売される。価格は249万8000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • 第145回:欲望の縮小限定化 2019.10.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第145回は「欲望の縮小限定化」。マイナーチェンジを受けた新型「ルノー・トゥインゴ」にプチ試乗。新旧乗り比べた印象は? 「足グルマなら断然小型車!」を主張する筆者が、トゥインゴの走りをジャッジする。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール18 2018.4.24 画像・写真 F1マシンをモチーフにしたカラーリングが特徴で、F1マシンと同じモデル名を冠した「ルノー・ルーテシア ルノースポール18」。5月に正式発表される限定モデルのディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る