史上最強のコルベット 30台限定で受注開始

2014.11.10 自動車ニュース
「シボレー・コルベットZ06」
「シボレー・コルベットZ06」
    拡大

GMが「シボレー・コルベットZ06」の受注を開始

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2014年11月10日、「シボレー・コルベットZ06」の受注を開始した。対象となるのは初期入荷分のみで、同年11月16日までの1週間、30台限定で注文を受け付ける。

シボレー・コルベットZ06は、スーパーチャージャー付きの6.2リッターV8 OHVエンジンを搭載したコルベットの高性能モデルである。最高出力は659ps/6400rpm、最大トルクは89.8kgm/3600rpmと、先代モデルのトップグレード「ZR1」を上回るアウトプットを発生し、0-60mph(0-96km/h)加速は2.95秒という動力性能を実現している。

なお、今回の30台についてはカスタムオーダー・キャンペーンという形で予約受け付けを実施。以下の仕様や装備を、自由に選択することが可能となっている。

・ボディーカラー(10色)
・インテリアカラー(5色)
・Z07パフォーマンス・パッケージ(サーキット走行のためのオプションパッケージ)
・グランドエフェクト(エアロパーツ2種)
・ドアミラーカラー(2種)
・ルーフタイプ(3種)
・ホイール仕上げ(4種)
・ブレーキキャリパーカラー(4色)
・バッジ(2色)
・シートタイプ(4色)
・インテリアトリムパネル(2種)
・パフォーマンス・データレコーダー(コスワース社とコルベット・レーシングが共同開発した、ドライバーがサーキット走行のタイムを短縮することをサポートするためのシステム)
・MyLink統合制御ナビゲーションシステム

コルベットZ06には7段MTと8段ATの2種類のトランスミッションが用意されているが、今回のキャンペーンで選択できるのは7段MT仕様のみ。価格は1265万円~1588万4000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
コルベット, シボレー, 自動車ニュース

シボレー コルベット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 東京オートサロン2020(ゼネラルモーターズ) 2020.1.10 画像・写真 8代目となる新型「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本初公開! 東京オートサロン2020のゼネラルモーターズのブースより、新しくなったアメリカンスーパースポーツの詳細な姿を、弟分「カマロ」の改良モデルともども写真で紹介する。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.5.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
  • シボレー・コルベット スティングレイ 2019.7.19 画像・写真 GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット スティングレイ」を発表。495hpを発生する6.2リッターV8エンジンをミドシップ搭載しており、0-60mph(約96km/h)加速は3秒を切るという。史上初めてMRとなったコルベットを、写真で紹介する。
  • GMジャパンが新型「シボレー・コルベット」を日本初公開【東京オートサロン2020】 2019.12.18 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2019年12月18日、千葉の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」(会期:2020年1月10日~12日)において、新型「シボレー・コルベット」を日本初公開すると発表した。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
ホームへ戻る