トヨタが「プリウスα」をマイナーチェンジ

2014.11.17 自動車ニュース
「トヨタ・プリウスα S”ツーリングセレクション”」
「トヨタ・プリウスα S”ツーリングセレクション”」
    拡大

「トヨタ・プリウスα」がフェイスリフト 装備も充実

トヨタ自動車は、ハイブリッドカー「プリウスα(アルファ)」をマイナーチェンジし、2014年11月17日に発売した。


トヨタが「プリウスα」をマイナーチェンジの画像 拡大
グレージュのインテリア。写真は上級グレード「G」のもの。
グレージュのインテリア。写真は上級グレード「G」のもの。
    拡大
Bi-Beam LEDヘッドランプ。先進感のあるデザインもセリングポイント。
Bi-Beam LEDヘッドランプ。先進感のあるデザインもセリングポイント。
    拡大

トヨタが「プリウスα」をマイナーチェンジの画像 拡大

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザインが変更されるとともに、安全性を高める運転支援システムや先進装備が追加された。

エクステリアの具体的な変更点は、開口部を強調したダークグレーメタリックのアンダーグリル、LEDクリアランスランプ、赤色インナーレンズ採用のリアコンビネーションランプなど。ボディーカラーは、新色4色(アティチュードブラックマイカ、ダークシェリーマイカメタリック、オレンジメタリック、スーパーレッドV)を含む、全9色がラインナップされる。

一方のインテリアは、幾何学柄を用いたピアノブラック塗装のセンタークラスター、一部グレードに採用される合成皮革とファブリックを用いたシート表皮、合成皮革のアームレストなどがポイント。4.2インチのマルチインフォメーションディスプレイも標準で与えられ、視認性と質感の向上が図られている。
インテリアカラーは、ブラックとグレージュの2色が用意される。

先進装備については、車線の逸脱を検知・警告するレーンディパーチャーアラート、夜間走行時にハイビームとロービームを自動で切り替えられるオートマチックハイビームを搭載。さらに、レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付き)と、最大60km/h減速するプリクラッシュブレーキアシストや最大30km/h減速するプリクラッシュブレーキを含むプリクラッシュセーフティーシステムがセットになった、安全装備がオプション設定された。1灯の光源でロービームとハイビームをカバーするBi-Beam LEDヘッドランプも採用されている。

価格は、「S“Lセレクション”(5人乗り)」の247万9091円から「G“ツーリングセレクション”(7人乗り)」の338万4327円まで。

(webCG)

関連キーワード:
プリウスα, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ プリウスα の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2020.8.31 試乗記 ホンダの人気ミニバンを“匠の技”で磨き上げたとうたうコンプリートカー「フリード モデューロX」に試乗。空力にこだわったというそのフットワークはまさに圧倒的。ひとたびステアリングを握れば、ベース車とのちがいをだれでも感じ取れるはずだ。
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • トヨタ・ヴォクシー ハイブリッドV 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.10 試乗記 ありそうでなかった、「ノア/ヴォクシー」のハイブリッドモデル。先ほど新たに加わったハイブリッド仕様は、ベストセラーミニバンの“足どり”をどう変える? ヴォクシー ハイブリッドの最上級グレード「V」に試乗した。
  • ミツオカ・バディ 2020.10.29 画像・写真 光岡自動車は2020年10月29日、新型車「Buddy(バディ)」のデザインを初公開した。バディはミツオカにとって初のSUVであり、「自然体でサラリと乗りこなせる相棒」というコンセプトのもとに開発されたという。正式発表を前に公開された同車の姿を、写真で紹介する。
  • 「トヨタRAV4」にオフロード性能を強化した特別仕様車 2020.10.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年10月2日、「RAV4」の「アドベンチャー」グレードに特別仕様車“オフロードパッケージ”を設定し、販売を開始した。オフロードイメージを強めただけでなく、最低地上高を高めて悪路走破性を強化している。
ホームへ戻る