第84回:21世紀に間に合ったハイブリッドカー
「プリウス」が切り開いた自動車の未来

2020.09.23 自動車ヒストリー 世界初の量産ハイブリッドカーとして誕生した「トヨタ・プリウス」。純ガソリン車の2倍という燃費性能を実現したこのクルマは、どのような経緯で生まれ、どのように世界を変えたのか? 新時代のエコカー創出に向けた挑戦の歴史を振り返る。

1968年から進められていた研究

1997年10月、世界初の量産ハイブリッド乗用車「トヨタ・プリウス」が発表された。「21世紀に間に合いました。」というキャッチコピーが示すように、20世紀の終わりに次世代の自動車像を示した歴史的なモデルである。ただ、プリウスはトヨタが初めて発売したハイブリッドカーではない。同じ年の8月、「コースターハイブリッドEV」が世に出ていた。シンプルなシリーズ式ハイブリッドシステムを搭載したマイクロバスである。それ以前にも、トヨタはさまざまなチャレンジを繰り返していた。プリウスはある日突然出現したわけではなく、長い試行錯誤の末に生まれたのだ。

1975年、トヨタは東京モーターショーにハイブリッドカーのコンセプトモデルを出展した。ベースになったのは高級車「センチュリー」である。ノーズを伸ばして発電用ガスタービンを搭載し、モーターで前輪を駆動する仕組みだった。トヨタでは1968年からガスタービンエンジンを活用したシステムの開発を行っていて、1973年のオイルショックを背景に本格的なハイブリッドシステムの研究が進められた。1977年には、「スポーツ800」にガスタービンを載せたモデルが、やはりコンセプトカーとして発表されている。

当時はまだモーターや電池の性能が十分ではなく、開発は中断する。しかしガソリンの供給についての不安は依然として消えておらず、1981年には「スターレット」に“エコランシステム”と名付けたアイドリングストップ機構を搭載するなど、燃費改善の努力が続けられていた。ガソリンエンジンに代わる動力を追求する試みも並行して進めており、1992年にはEV開発部を新設、燃料電池開発のプロジェクトも発足する。1993年には「タウンエースバンEV」と「クラウンマジェスタEV」が発売され、官公庁などに納品された。

世界各国で、ポストガソリンエンジン車が模索されていた。ボルボが1992年に発表したコンセプトカー「ECC(Environmental Concept Car)」は、ガスタービンを用いたプラグインハイブリッドカーである。GMは1990年代後半に電気自動車(EV)の「EV1」をリース販売した。しかし、次世代のエコカーが実際に市販されるのはまだまだ先のことだと考えられていた。

1997年10月に発表、同年12月に発売された初代「トヨタ・プリウス」。手塚治虫の漫画のキャラクターが総出演したCMも印象的だった。
1997年10月に発表、同年12月に発売された初代「トヨタ・プリウス」。手塚治虫の漫画のキャラクターが総出演したCMも印象的だった。拡大
1977年に発表された「トヨタ・スポーツ800 ガスタービン/バッテリー ハイブリッド車」。
1977年に発表された「トヨタ・スポーツ800 ガスタービン/バッテリー ハイブリッド車」。拡大
1992年に発表されたボルボのコンセプトカー「ECC」。ガスタービン式ハイブリッドシステムの搭載に加え、再生可能素材の積極的な採用も注目を集めた。
1992年に発表されたボルボのコンセプトカー「ECC」。ガスタービン式ハイブリッドシステムの搭載に加え、再生可能素材の積極的な採用も注目を集めた。拡大
「ボルボECC」のパワーユニット。当時は、燃焼によって生じた高圧ガスを噴射してタービンを回すガスタービンエンジンが、ハイブリッド車用の発電機としても好適と考えられていた。
「ボルボECC」のパワーユニット。当時は、燃焼によって生じた高圧ガスを噴射してタービンを回すガスタービンエンジンが、ハイブリッド車用の発電機としても好適と考えられていた。拡大
GMが1996年に発表したコンセプトカー「EV1」。車名の通り、ハイブリッドカーではなく電気自動車だった。
GMが1996年に発表したコンセプトカー「EV1」。車名の通り、ハイブリッドカーではなく電気自動車だった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る