17台限定、RS 2のようなアウディRS 4アバント

2014.11.18 自動車ニュース
「アウディRS 4アバント ノガロセレクション」
「アウディRS 4アバント ノガロセレクション」
    拡大

「RS 2」をイメージさせる「アウディRS 4アバント」、17台限定で発売

アウディ ジャパンは2014年11月18日、「RS 4アバント」に特別仕様車「Nogaro selection(ノガロセレクション)」を設定し、17台限定で販売を開始した。

RS 4アバントは、最高出力450psを発生する4.2リッター直噴V8エンジンを搭載した高性能スポーツワゴンである。

今回のノガロセレクションは、1994年に発売された「RS」モデルの第1号車「アウディ・アバントRS 2」の誕生20周年を記念して設定された限定モデルである。車名の「ノガロ」はフランス南西部にあるサーキットの名称であり、当時アバント RS 2がフランスのツーリングカー選手権に参戦し、このサーキットで勝利したことに由来している。

エクステリアでは、ボディーカラーにアバントRS 2をほうふつとさせる「ノガロブルー」を設定。カーボンデザインパッケージを標準で採用するほか、ハイグロスブラックで仕上げられたシングルフレームグリルやラジエーターグリル、ウィンドウフレーム、マットブラックのルーフレール、スポーツエグゾーストシステム、レッドブレーキキャリパーなどを装備している。

一方インテリアでは、ブラックを基調にシート座面や背面、ドアの内張りにブルーのアルカンターラを採用。フラットボトムスタイプのテアリングホイールに、ブルーのステッチを施したほか、ブルーカーボンファイバーインレイやAudi exclusiveフロアマット、ノガロセレクション専用のシフトレバーやドアシルプレートなどを採用している。

またスピードリミッターの設定についても、介入する車速を280km/hに高めている。

ハンドル位置は左、右の両方を用意。価格は1472万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
RS 4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ RS 4アバント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6アバント55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.5.28 試乗記 世界的なSUVブームとなって久しいが、アウディは「アバント」の名称でスタイリッシュなワゴンを綿々とつくり続け進化させている。SUVに押され、このままワゴンは“オワコン”になってしまうのか? 新型「A6アバント」に乗り、ワゴンという選択肢をあらためて考えてみた。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
  • 第148回:衝撃のアウディA6 2019.10.29 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第148回は「衝撃のアウディA6」。5代目となる新型に試乗! “どのモデルも同じ乗り味”“おりこうすぎる”というネガティブな先入観から一転、カーマニア人間国宝を目指す筆者の前に現れた、新たな境地とは?
  • 第39回:アウディA6 2019.7.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 アウディ伝統のEセグメントモデル「A6」が、5代目にモデルチェンジ。新世代のシャシーやパワートレインの採用など、その“中身”が話題を呼んでいる新型だが、“外見”=デザインの出来栄えはどうなのか? 現役のカーデザイナー明照寺彰が斬る。
  • アウディRS 5スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.7 試乗記 伸びやかな5ドアのボディーに、パワフルな2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS 5スポーツバック」。最高出力450PS、最大トルク600N・mのアウトプットを自慢の「クワトロ」フルタイム4WDで御す、その走りを試した。
ホームへ戻る