17台限定、RS 2のようなアウディRS 4アバント

2014.11.18 自動車ニュース
「アウディRS 4アバント ノガロセレクション」
「アウディRS 4アバント ノガロセレクション」
    拡大

「RS 2」をイメージさせる「アウディRS 4アバント」、17台限定で発売

アウディ ジャパンは2014年11月18日、「RS 4アバント」に特別仕様車「Nogaro selection(ノガロセレクション)」を設定し、17台限定で販売を開始した。

RS 4アバントは、最高出力450psを発生する4.2リッター直噴V8エンジンを搭載した高性能スポーツワゴンである。

今回のノガロセレクションは、1994年に発売された「RS」モデルの第1号車「アウディ・アバントRS 2」の誕生20周年を記念して設定された限定モデルである。車名の「ノガロ」はフランス南西部にあるサーキットの名称であり、当時アバント RS 2がフランスのツーリングカー選手権に参戦し、このサーキットで勝利したことに由来している。

エクステリアでは、ボディーカラーにアバントRS 2をほうふつとさせる「ノガロブルー」を設定。カーボンデザインパッケージを標準で採用するほか、ハイグロスブラックで仕上げられたシングルフレームグリルやラジエーターグリル、ウィンドウフレーム、マットブラックのルーフレール、スポーツエグゾーストシステム、レッドブレーキキャリパーなどを装備している。

一方インテリアでは、ブラックを基調にシート座面や背面、ドアの内張りにブルーのアルカンターラを採用。フラットボトムスタイプのテアリングホイールに、ブルーのステッチを施したほか、ブルーカーボンファイバーインレイやAudi exclusiveフロアマット、ノガロセレクション専用のシフトレバーやドアシルプレートなどを採用している。

またスピードリミッターの設定についても、介入する車速を280km/hに高めている。

ハンドル位置は左、右の両方を用意。価格は1472万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
RS 4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ RS 4アバント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
  • アウディRS 4アバント 2021.2.1 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 最高出力450PSのパワフルなV6ツインターボとAWD「クワトロ」が織りなす走り、そしてワゴンのパッケージ。「アウディスポーツ」の始祖たる「RS2」のDNAを受け継ぐ「RS 4アバント」は、さまざまな要望に応えてくれるオールラウンダーと呼ぶにふさわしい存在に仕上がっていた。
  • BMW M5コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.17 試乗記 マイナーチェンジした「BMW 5シリーズ」のトップモデル「M5コンペティション」に試乗。625PSのV8ツインターボに4WDシャシーが組み合わされた歴代最高性能を誇るスーパーサルーンは、いったいどれほどの進化を遂げたのか。
  • アウディRS 6アバント 2021.2.15 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 最高出力600PS、最大トルク800N・mのV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS 6アバント」は単なる高性能マシンではない。ひとたび手綱を緩めてやればその奥底に流れる血が騒ぐ。ラリーウエポンのれっきとした末裔(まつえい)であることをすぐに感じ取れることだろう。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
ホームへ戻る