トヨタ、「ハリアーG's」を2015年1月に発売

2014.12.25 自動車ニュース
「トヨタ・ハリアー エレガンス“G's”」
「トヨタ・ハリアー エレガンス“G's”」
    拡大

「トヨタ・ハリアー“G's”」が2015年1月にデビュー

トヨタ自動車は2014年12月22日、SUV「ハリアー」にGAZOO Racingが手掛けたスポーツコンバージョン車「G SPORTS(G's)」を設定し、2015年1月30日に発売すると発表した。

G'sとは「意のままに操れる」ハンドリング性能を目標に、GAZOO Racingのテストドライバーがトータルチューニングを施したスポーツモデルである。

今回のハリアーでは、ガソリン車の「エレガンス」をベースに、全高を約35mmダウンさせる専用スポーツサスペンションを装備。床下への補強パーツの採用やスポット溶接打点の追加などによるボディー剛性の向上のほか、ブレーキにG's専用キャリパー(フロント)や高ミューのパッドを用いることで、制動力を向上させ、スポーティーで安心感のある走りを実現したという。

また、専用デザインのバンパーやグリル、専用スポーツシート、ダークメッキ調塗装の加飾パーツなどにより、内外装でもベース車との差別化を図っている。

具体的な装備の内容は、以下の通り。
・アルミホイール(ブラック塗装+切削光輝、タイヤサイズは235/50R19)
・チューニングサスペンション
・剛性アップパーツ
・アッパーグリル(メッキ加飾+黒艶塗装)
・フロントバンパー&ラジエーターグリル
・LEDイルミネーションビーム
・リアバンパー
・マフラー(大径バッフル/サウンドチューニング)
・本革巻き3本スポークステアリングホイール(ディンプル+シルバーステッチ)
・エンジンスイッチ(レッド/「G's」ロゴ付き)
・フロントスポーティーシート(「G's」エンブレム+シルバーダブルステッチ)
・インストゥルメントパネル&ドアトリム(ダークメッキ調塗装+シルバーステッチ)

価格は、FF車が329万1055円、4WD車が348万5455円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ハリアー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ハリアー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリスクロス プロトタイプ【試乗記】 2020.7.30 試乗記 着々とSUVラインナップの整備を進めるトヨタが、2020年秋にはさらに「ヤリスクロス」を投入する。発売前のプロトタイプモデルに試乗し、「ヤリス」のSUV版をうたうニューモデルの仕上がりを試した。
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • こんなに安いのはなぜなのか!? 「トヨタ・ヤリス クロス」の価格を検証する 2020.9.16 デイリーコラム トヨタの新型コンパクトSUV「ヤリス クロス」の価格をライバルと比較すると、18万円ほど安いことが分かる。この価格設定に秘められた、トヨタのSUV戦略と国内市場戦略を解説する。
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.9.7 試乗記 トヨタのラグジュアリーSUV「ハリアー」が4代目となる新型に生まれ変わった。その仕上がりにスキはなく、見ても乗ってもさすが最新モデルという完成度だ。だけどオーナーは出来栄えに満足する一方で、それに付随する別な悩みを抱えることになるだろう。
ホームへ戻る