BMW M4のDTMチャンピオン記念モデル発売

2015.01.28 自動車ニュース
「BMW M4クーペ DTM Champion Edition」
「BMW M4クーペ DTM Champion Edition」
    拡大

5台限定、BMWが「M4クーペ」のDTMチャンピオン記念モデルを発売

BMWジャパンは2015年1月26日、「BMW M4クーペ」の特別仕様車「DTM Champion Edition(チャンピオンエディション)」を5台限定で発売すると発表した。予約受け付けは2月末まで行い、希望者が多い場合は、3月上旬に抽選で購入当選者を決定する。納車は、2015年5月からを予定している。

今回の特別仕様車は、2014年のドイツ・ツーリング・カー選手権「DTM」において、BMWのマルコ・ヴィットマン選手が年間ドライバー・チャンピオンを獲得したことを記念したもので、全世界で23台が販売される。

特徴は、ヴィットマン選手がドライブしたレーシングカーをモチーフにしたという外観デザインにあり、外装色に「アルピン・ホワイト」を採用したボディーには、ボンネットとトランクリッドにマットブラックの専用ボディーフィルムを採用。オレンジで縁取られた専用ブラックキドニーグリルや、ブラックで塗装された19インチアロイホイール、カーボンファイバー製のフロントスプリッターおよびリアトランクスポイラーなどを特別装備している。

具体的な装備内容や、付帯する特別サービスについては以下の通り。

エクステリア
・専用ボディーフィルム(ボンネット、ボディーサイド、トランク)
・19インチMライト・アロイホイール ダブルスポーク・スタイリング437M(ブラック)
・BMW Mパフォーマンスアクセサリー(カーボンフロントスプリッター+ブラックフロントブレード+専用ブラックキドニーグリル+カーボンミラーカバー+カーボンリアトランクスポイラー/カーボンリアディフューザー)
・専用リアクオーターウィンドウステッカー

インテリア
・フルレザーメリノインテリア(ブラック、シートおよびインストゥルメントパネル、ただしインストゥルメントパネルおよびドアトリム上部はウォークナッパレザー)
・BMW Mパフォーマンスアクセサリー(スポーツステアリングホイールII<アルカンターラ&ブルーセンターマーク付き>+カーボン/アルカンターラハンドブレーキグリップ+ カーボンM DCTレバー)
・専用カーボントリム(マルコ・ヴィットマン選手サイン&限定シリアルナンバー付き)
・専用ドアシル(マルコ・ヴィットマン選手サイン付き)

ドライビングダイナミクス
・Mカーボンセラミックブレーキシステム
・アダプティブMサスペンション
・最高速度280km/h(通常モデルは250km/h)

その他
・BMWコネクテッドドライブプレミアム
・ニュルブルクリンク北コースでのスペシャルドライビングレッスン(詳細未定)

価格は1399万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
M4クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW M4クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.4.19 試乗記 ルノー自慢のホットハッチ「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジ。トップモデル「R.S.トロフィー」譲りの高性能パワーユニットと「シャシースポール」と呼ばれる足まわりが織りなす新たな走りを、ワインディングロードで味わった。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(前編) 2021.4.1 谷口信輝の新車試乗 高級サルーンの代名詞的存在である「メルセデス・ベンツSクラス」が7代目に進化。走り慣れたワインディングロードで早速ステアリングを握った谷口信輝だったが、その反応は何やらいつもとは違うようで……。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.23 試乗記 圧倒的な速さを誇るアルピナ各車だが、目指すところは「毎日使える実用性」であり、それは最新の「B3」にもきちんと継承されている。先代モデルからの進化点と変化点を、ワインディングロードで探ってみた。
ホームへ戻る