ホンダの新型6シーター車「ジェイド」発売

2015.02.12 自動車ニュース
「ホンダ・ジェイド ハイブリッドX」と、本田技研工業の峯川 尚専務執行役員(手前)、同車の開発責任者である本田技術研究所の印南泰孝氏(奥)。
「ホンダ・ジェイド ハイブリッドX」と、本田技研工業の峯川 尚専務執行役員(手前)、同車の開発責任者である本田技術研究所の印南泰孝氏(奥)。 拡大

ホンダの新型6シーター車「ジェイド」発売

本田技研工業は2015年2月12日、新型の多人数乗用車「ジェイド」を発表した。同月13日に販売を開始する。

リアビュー。LEDを用いたリアコンビランプで先進性が演出される。
リアビュー。LEDを用いたリアコンビランプで先進性が演出される。 拡大
最大の特徴である2列目のキャプテンシート。斜め後方(内側)に向かって、大きくスライドできる。
最大の特徴である2列目のキャプテンシート。斜め後方(内側)に向かって、大きくスライドできる。 拡大

■一味違う6人乗り

ホンダ・ジェイドは、昨年まで販売されていた「ストリーム」の後継ともいえる、6人乗りの3列シート車。オーソドックスなヒンジ式の4枚ドアと、ハッチバック式リアゲートを持つワゴンタイプのニューモデルで、「ミニバン並みの居住性と利便性を、セダン並みの低い車体で実現した」とアピールされる。

主なターゲットは、独身の“プレファミリー”層と、すでに子離れした中高年層。その多彩なライフスタイルに対応すべく、フレキシブルな居住空間や上質な走行性能、安全性能を提供するという。
ミニバン「オデッセイ」が、2013年のフルモデルチェンジで“背の高い、両側スライドドア型”へと移行したこともあり、先代オデッセイからの乗り換え先としての役割も期待されている。

ラインナップは、エントリーグレードの「ジェイド ハイブリッド」(272万円)と、装備充実の「ジェイド ハイブリッドX」(292万円)の2種類。車名の通り、ハイブリッド車(FF車)のみの設定となる。

「ジェイド」の全高は、ルーフアンテナを含め1530mm。多くの立体駐車場に入庫可能なサイズ。


	「ジェイド」の全高は、ルーフアンテナを含め1530mm。多くの立体駐車場に入庫可能なサイズ。
	拡大
運転席まわり。センターコンソール部にはリチウムイオンバッテリーがおさまる。
運転席まわり。センターコンソール部にはリチウムイオンバッテリーがおさまる。 拡大
正面から見た2列目シート。固定式のアームレストも特徴の一つだ。
正面から見た2列目シート。固定式のアームレストも特徴の一つだ。 拡大
3列目シートの頭上は、写真のようにガラスルーフになっている。
3列目シートの頭上は、写真のようにガラスルーフになっている。 拡大

■技ありのインテリア

多人数乗用車としては珍しく、低く構えたスタイリングを持つジェイド。ヘッドランプとフロントグリルが一体となった“ブーメラン顔”で、ホンダ車のアイデンティティーを主張しつつ、LEDを多用したランプ類などにより、先進的なイメージも表現している。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4650×1775×1530mm。これまで「低床型6人乗り車」のポジションを担ったストリームと比べ、80mm長く、80mm幅広く、15mm低い。ホイールベースは、ストリーム比+20mmの2760mm。一般的な立体駐車場に入庫可能な点は、ストリームを継承する。

一方、リチウムイオンバッテリーやパワードライブユニットをセンターコンソールに、超薄型の燃料タンクを2列目シート下におさめるなどして得た室内空間には、ホンダらしい工夫が数多く盛り込まれている。

左右方向への広がり感を強調したというコックピットまわりは、広い面積の木目加飾や、ステアリングホイールより上側に見る液晶メーターなどが特徴的。
そしてジェイド最大の見どころは、2脚の独立型キャプテンシートで構成される2列目だ。リアのホイールハウスを避けるように、シートレールを後方内側へと斜めにレイアウト(20度オフセット)することで、17cmの前後スライド量を確保。“クラスを超えたリムジン空間”を実現したという。

定員2人の3列目シートは、床下への折りたたみ収納が可能で、しかも「大人がきちんと座れる」のが自慢。ハッチゲートのヒンジを通常よりも前方に設け、3列目乗員の頭上をガラスルーフとすることで、狭くなりがちな“奥の間”も快適なスペースへと仕立て上げた。

荷室の容量は、フル乗車時は90リッターと小さいが、3列目を床下収納し、さらに2列目を前屈・前転させることで、さまざまな荷物に対応する。

荷室の様子。写真は、3列目シートを床下に収納し、2列目シート左側を前屈させた状態。
荷室の様子。写真は、3列目シートを床下に収納し、2列目シート左側を前屈させた状態。 拡大
パワーユニットは、1.5リッターエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドのみとなる。
パワーユニットは、1.5リッターエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドのみとなる。 拡大
上級グレード「ハイブリッドX」のホイール。共鳴音を抑えるレゾネーターが内蔵されている。
上級グレード「ハイブリッドX」のホイール。共鳴音を抑えるレゾネーターが内蔵されている。 拡大
 
ホンダの新型6シーター車「ジェイド」発売の画像 拡大

■安心・快適な走りも自慢

ジェイドのプラットフォームは専用開発されたもので、SUV「ヴェゼル ハイブリッド」と同じ、1.5リッター直4エンジン(131ps、15.8kgm)とモーター(29.5ps、16.3kgm)を組み合わせたパワーユニットが搭載される。トランスミッションは、デュアルクラッチ式の7段DCTのみ。
燃費(JC08モード)は、ベーシックなジェイド ハイブリッドが25.0km/リッターで、ジェイド ハイブリッドXは24.2km/リッター。こだわりの高剛性ボディーと、前:マクファーソンストラット/後ろ:ダブルウィッシュボーンのサスペンションとあいまって、上質な走りと乗り心地を提供するという。

安全装備や運転支援システムの充実も見どころの一つだ。VSAや、EBD(電子制御制動力配分システム)付きのABS、急ブレーキ時の際に後続車に注意を促すエマージェンシーストップシグナルは、グレードを問わず標準装備。
さらに、衝突軽減ブレーキ、誤発進抑制機能、標識認識機能、車線維持支援システム、アダプティブ・クルーズ・コントロールなどがセットになった最新の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」も、ジェイド ハイブリッドXには標準装備として、ジェイド ハイブリッドにはオプションとして用意される。

(webCG 関)

→新型「ホンダ・ジェイド」の詳細な写真はこちら(前編)
→新型「ホンダ・ジェイド」の詳細な写真はこちら(後編)

関連キーワード:
ジェイド, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ ジェイド の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッド クロスターHonda SENSING(4WD/7AT)【試乗記】 2019.12.17 試乗記 ホンダの万能コンパクトミニバン「フリード」シリーズがマイナーチェンジ。評価の高かった従来モデルからどこまでの進化を遂げたのか? 2列シートのハイブリッド4WDという、ライバルにはないちょっとマニアックな仕様で、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・フリード クロスター 2019.9.20 画像・写真 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」シリーズがマイナーチェンジ。アクティブなユーザー向けに、SUVスタイルの「CROSSTAR(クロスター)」が登場した。“楽しさ”と“遊び心”を表現したという新モデルのディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(7人乗り)(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.19 試乗記 取り回しのしやすさと利便性の高さで人気を博す、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」がマイナーチェンジ。新デザインとなった改良モデルは、従来型からどのような進化を遂げたのか? ベーシックな1.5リッターのガソリン車に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2020.8.31 試乗記 ホンダの人気ミニバンを“匠の技”で磨き上げたとうたうコンプリートカー「フリード モデューロX」に試乗。空力にこだわったというそのフットワークはまさに圧倒的。ひとたびステアリングを握れば、ベース車とのちがいをだれでも感じ取れるはずだ。
  • 進化したフリード モデューロXを試す 2020.7.10 モデューロXの最新モデルを味わう<AD> ベースとなる「ホンダ・フリード」のマイナーチェンジに合わせ、「フリード モデューロX」も最新モデルにアップデート。日常的な速度域でも体感できる“実効空力”を高めるべく、新開発のエアロバンパーが備わっている。その効果を試すべく、新旧モデルを同時に連れ出した。
ホームへ戻る