新型ジャガーXFがNYショーでデビュー【ニューヨークショー2015】

2015.03.20 自動車ニュース
「ジャガーXF」がフルモデルチェンジを受ける。
「ジャガーXF」がフルモデルチェンジを受ける。 拡大

【ニューヨークショー2015】新型「ジャガーXF」がNYショーでデビュー

英ジャガー・ランドローバーは2015年3月18日、新型「XF」のティーザー画像を公開した。実車はニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月1日~12日)で発表される。

新型「XF」のインテリア。
新型「XF」のインテリア。 拡大

■モノコックはアルミに

現行型「XF」のボディーモノコックはスチール製だが、新型ではアルミに変更される。車重の軽さと燃費効率の面で「セグメントのベンチマークを打ち立てる」とし、70mpg(29.8km/リッターに相当)という優れた燃費性能がうたわれる。

ニューヨークショーに先立つ3月24日、ジャガーはロンドンで新型「XF」を使った高綱渡りのパフォーマンスを行う予定だ。直径34mmのワイヤを2本張り、そこを同車で渡って、車両の軽さと俊敏さをアピールするという。

(webCG)

関連キーワード:
XF, ジャガー, ニューヨークモーターショー2015, 自動車ニュース

ジャガー XF の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • アウディA6アバント40 TDIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.6.29 試乗記 “ドイツ御三家”がしのぎを削る欧州Eセグメント。そこで奮闘する「アウディA6」に、本命ともいえる2リッターディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」が追加された。新たなパワートレインを得たA6の走りを、幅広いシチュエーションでチェックした。
  • 【後編】ジャガーE-PACE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> ジャガーの4ドアサルーン「XE」とプレミアムSUV「E-PACE」。モデル名に“E”を冠したこの2台は、ジャガーのコンパクトクラス「E-LINE」を担うラインナップである。今回は、山岳路でE-PACEを走らせ、その実力を確かめてみた。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMW M8グランクーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.3 試乗記 BMWの「M8」シリーズに「グランクーペ」が追加された。もちろん、単純な運動性能という観点では先にデビューした「クーペ」に分があるのは間違いないだろう。では4ドアクーペならではの魅力はどこにあるのだろうか。高出力版「コンペティション」に試乗して考えた。
ホームへ戻る