第3回:「前」と「後ろ」で違った魅力
「ジャガーXF」の乗り心地をチェック

2016.07.20 ジャガーXF長期試乗リポート

「ジャガーXF 25tプレステージ」


	「ジャガーXF 25tプレステージ」
	拡大

英国生まれの4ドアサルーン「ジャガーXF」の新型は、どんな乗り心地なのか? 初めてステアリングを握ったwebCGスタッフが、その印象を報告する。

「XF」は全長4965mmと大柄。18インチのアルミホイールが、相対的に小さく見える。


	「XF」は全長4965mmと大柄。18インチのアルミホイールが、相対的に小さく見える。
	拡大
座面、背もたれともに大きく後傾した後席。ニールームは先代比で24mm拡大された。
座面、背もたれともに大きく後傾した後席。ニールームは先代比で24mm拡大された。 拡大
試乗車「XF 25tプレステージ」のシートは、「トーラスレザー」による本革仕立て。背もたれと座面にはパンチメッシュが施されている。
試乗車「XF 25tプレステージ」のシートは、「トーラスレザー」による本革仕立て。背もたれと座面にはパンチメッシュが施されている。 拡大
リアビュー。2本出しのエキゾーストパイプがスポーティーなムードを演出する。
リアビュー。2本出しのエキゾーストパイプがスポーティーなムードを演出する。 拡大

運転せずとも満足できる!?

スタイリッシュなデザインやアルミを多用した軽量ボディーで話題の、新型ジャガーXF。2015年秋に国内デビューして以来、ただ指をくわえて見ていた筆者にも、ようやく試乗する機会が訪れた。
期待に胸を弾ませて……のファーストタッチは、リアシート。編集部からの移動に際して、後ろに乗せてもらったのだ。

座席におさまってみて、その広さに驚いた。筆者は身長163cmと小柄だけれど、それにしたって広い。何せ、足が組めるのだから。ひざの前には、こぶしが縦に3個半。ちなみに前席のポジションは、身長170cm相当である。
新型XFはクーペライクなデザインで、顔が弟分の「XE」に似ているせいか、角度によっては実物よりも小さく、シャープにまとまっているように見える。でも、実際の全長たるや5m近い。2960mmのホイールベースはアメリカ生まれの大型EV「テスラ・モデルS」と同寸で、「レクサスLS」(2970mm)とほぼ同じだ。

ちなみに今春、XEの後席に座った際のメモ書きには「ひざ前、こぶしが縦に2個」とある。なるほど、その差はたしかに実感できる。
座面や背もたれは大きく後傾していて、パッセンジャーはシートにどっしりと体を預けていられる。「これなら、後席限定でも不満はないな」と室内を見回したところで、XFが走りだす。

……静かだ。アイドリングストップの再始動の瞬間が、かえって意識されるほどである。気になるショックや振動もなし。これなら、ショーファードリブンとしてもイケるのではなかろうか? 移動中も、ひざの上にノートを広げて筆記作業を続けられたのだから。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXE 300スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.28 試乗記 ジャガーのDセグメントセダン「XE」に、300psの2リッターターボエンジンを搭載した「300スポーツ」が登場。雨天のテストドライブでリポーターが感じた“心残り”とは? 2019年モデルより追加された、新しいスポーツグレードの出来栄えを報告する。
  • 第1回:認定中古車ジャガーXEの走りを確かめる 2019.2.20 ジャガー アプルーブドの魅力を知る<PR> 「今すぐ欲しい」「安心で安全な車両に乗りたい」「リーズナブルに購入したい」。そんなわがままをかなえてくれるのが、認定中古車である。国内でも最大級の規模を誇る「ジャガー・ランドローバー・アプルーブド足立」を訪れ、真剣に次期愛車候補を探してみた。
  • 現行型「ジャガーXJ」に最後の特別仕様車「“V8”ファイナルエディション」登場 2019.10.21 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年10月21日、ジャガーブランドのフラッグシップサルーン「XJ」に特別仕様車「“V8”ファイナルエディション」を設定し、20台の台数限定で注文受付を開始した。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.14 試乗記 ルノーのモータースポーツ部門が手がけたハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」の中でも、さらに運動性能に磨きをかけた「トロフィー」が日本に導入された。より高出力なエンジンと、コーナリング性能を突き詰めた足まわりが織りなす走りを報告する。
  • アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.11.9 試乗記 新しくなった「アウディA1スポーツバック」の走りを試すべく本国ドイツへ出向いたところ、そこで待ち受けていたのは“日本未導入”の「40 TFSI」。やや複雑な心持ちで試乗に臨んだのだが、実際には、このグレードこそ新型A1のキャラクターを最もよく表したモデルだった。
ホームへ戻る