空色と若草色のトヨタ・クラウン受注開始

2015.03.25 自動車ニュース
「トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートS “空色edition”」
「トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートS “空色edition”」 拡大

空色と若草色の「トヨタ・クラウン」受注開始

トヨタ自動車は「クラウン」の誕生60周年を記念し、ボディーカラーに空色と若草色を採用した2種の特別仕様車“空色edition”と“若草色edition”の注文を2015年4月1日から30日まで受け付ける。生産開始は2015年6月の予定。(関連ニュースはこちら

「トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートS “若草色edition”」
「トヨタ・クラウン ハイブリッド アスリートS “若草色edition”」 拡大
白い本革シートが採用される(写真は“空色edition”)。
白い本革シートが採用される(写真は“空色edition”)。 拡大

■CM登場車両をイメージ

ベースは「ハイブリッド アスリートS」(FR)と「ハイブリッド アスリートS Four」(4WD)。クラウンのテレビCMに登場する車両をイメージして開発された。同車に乗った時に感じられる爽快感や開放感を象徴する色として、空色と若草色を設定したという。

そのほか、外装にはブラック塗装を施したフロントグリル(格子部分)や、ブラックスパッタリング工法で塗装した18インチアルミホイールなどの装備を与えた。

内装にも白い本革シートを採用したり、インストゥルメントパネルサイドとドアトリムにボディー色に合わせた専用ステッチを施すなど、「誕生60周年の記念にふさわしい特別感を備えた仕様」(トヨタ自動車)とした。価格は555万~576万6000円。

(webCG)

→“空色edition”と“若草色edition”の写真(カースコープ)はこちら。

関連キーワード:
クラウン アスリート, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
  • アウディRS 6アバント 2021.2.15 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 最高出力600PS、最大トルク800N・mのV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS 6アバント」は単なる高性能マシンではない。ひとたび手綱を緩めてやればその奥底に流れる血が騒ぐ。ラリーウエポンのれっきとした末裔(まつえい)であることをすぐに感じ取れることだろう。
  • 【SUPER GT 2021】スバルとSTIが2021年の参戦体制を発表 新型「スバルBRZ GT300」を投入 2021.2.22 自動車ニュース スバルとそのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)は、新型「スバルBRZ」をベースに開発したニューマシンで、SUPER GTの2021年シーズンに参戦すると発表した。
ホームへ戻る