ジャガー、スポーティーな装いのXFを追加発売

2015.04.27 自動車ニュース
「ジャガーXF 2.0 R-Sport」
「ジャガーXF 2.0 R-Sport」
    拡大

ジャガー、スポーティーな装いの「XF」を追加発売

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2015年4月24日、4ドアセダン「XF」の特別仕様車「XF 2.0 R-Sport」を100台追加発売すると発表した。

XF 2.0 R-Sportは、エントリーグレードの「XF 2.0 Luxury」をベースにスポーティーさを強調する装備を充実させた特別仕様車であり、2014年12月に100台限定で発売された。

今回追加販売されるモデルについては、基本的な特別装備の内容は、すでに販売されているものと共通。ただし、ボディーカラーについては「オスミウム」(メタリック)が廃止され、代わって「ストラタスグレー」(メタリック)が採用されている。

特別装備の内容は以下の通り。

<エクステリア>
・トランクリッドスポイラー
・サイドシルエクステンション
・スポーツフロントバンパー
・フロントアンダースポイラー
・ブラックグリル+クロムグリルサラウンド
・ボディー同色リアバランス
・ブラックウィンドウサラウンド
・18インチLyraアロイホイール
・「R-Sport」バッジ

<インテリア>
・スウェードクロス/ボンドグレインレザー 6ウェイ(運転席)/6ウェイ(助手席) 電動シート
・ジェットヘッドライニング
・ピアノブラックベニア
・ブライトフィニッシュ・ステンレススチールペダル
・フロアマット
・「R-Sport」トレッドプレート

<機能装備>
・フロントパーキングコントロール+リアカメラ・パーキングコントロール
・ジャガースマートキーシステム(キーレスエントリー)

このほかにも、オプションとして19インチ Aquilaアロイホイールを用意している。ボディーカラーは「ポラリス・ホワイト」(ソリッド)に加え、有償色として先述の「ストラタスグレー」(メタリック)、「アルティメイト・ブラック」(メタリック)、「オデッセイ・レッド」(メタリック)を用意。インテリアカラーはチャコール(レッドコントラスト ステッチ付き)となっている。

価格は645万7000円

(webCG)
 

関連キーワード:
XF, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XF の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • ラインナップから読み解くジャガーのいま【XE&XF×サトータケシ】 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD> ジャガーネスを味わうのならサルーンに限る。人気自動車ライターのサトータケシはそう断言する。なぜなら最新の「XE」「XF」には、1965年以来スポーツサルーンを絶やすことなくつくり続けてきた、ジャガーならではのノウハウが注ぎ込まれているからだ。
  • ボルボV60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.9 試乗記 「ボルボV60」の高性能バージョン「T8ポールスターエンジニアード」に試乗。全車の電動化戦略を着々と進めるボルボ。その旗振り役を務めるように電気の力でハイパフォーマンスを手にしたコンプリートモデルの仕上がりは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る