直噴ターボを搭載したホンダ・ジェイドRS登場

2015.05.22 自動車ニュース
「ホンダ・ジェイドRS」
「ホンダ・ジェイドRS」
    拡大

直噴ターボを搭載した「ホンダ・ジェイドRS」登場

本田技研工業は2015年5月21日、3列シート6人乗りの多人数乗用車「ジェイド」に、ターボエンジンを搭載した新グレード「RS」を設定し、同年5月28日に発売すると発表した。価格は253万円。

■シャシーやボディーも専用にチューニング

今回、ラインナップに新たに加わるRSのエンジンはホンダが「ステップワゴン」から導入を進めている1.5リッター直4直噴ターボで、最高出力150ps(110kW)/5500rpm、最大トルク20.7kgm(203Nm)/1600-5000rpmを発生。トランスミッションはCVTで、燃費性能はJC08モードで18.0km/リッターを実現している。またCVTには7段のマニュアルモードが備わっており、シフトパドルによる変速が可能となっている。

足まわりにも専用のチューニングを施しており、サスペンションはハイブリッド車に対してフロントの剛性を15%、リアの剛性を20%アップ。スプリングやダンパーなどに独自のセッティングを施すことで、上質な乗り心地を損なうことなく、安定感のある走りと軽快なステアフィールを実現しているという。

また、ブレーキ制御によってスムーズなコーナリングを実現する電子制御システム「アジャイルハンドリングアシスト」を標準で採用。アンダーフロアパネルに補強部材のトンネルブレースを追加することで、フロアまわりの剛性を強化している。

■内外装でもハイブリッド車と差別化

内外装についてもハイブリッド車から一部の仕様を変更しており、エクステリアではメッシュタイプのフロントグリルやRSエンブレム、ブラック塗装と切削加工を組み合わせた17インチのノイズリデューシングアルミホイールを装着。フォグライトガーニッシュやアウタードアハンドル、テールゲートモールはダーククロムメッキとなっている。

一方インテリアでは、ファブリックとプライムスムースのコンビシートやRS専用デザインのアクセルおよびブレーキペダル、赤いステッチの入った本革巻きステアリングホイールを採用。内装色はブラックとブラウンの2色が用意され、前者を選択するとシートにも赤のステッチが施される。

(webCG)
 

関連キーワード:
ジェイド, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ ジェイド の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード クロスター 2019.9.20 画像・写真 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」シリーズがマイナーチェンジ。アクティブなユーザー向けに、SUVスタイルの「CROSSTAR(クロスター)」が登場した。“楽しさ”と“遊び心”を表現したという新モデルのディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッド クロスターHonda SENSING(4WD/7AT)【試乗記】 2019.12.17 試乗記 ホンダの万能コンパクトミニバン「フリード」シリーズがマイナーチェンジ。評価の高かった従来モデルからどこまでの進化を遂げたのか? 2列シートのハイブリッド4WDという、ライバルにはないちょっとマニアックな仕様で、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(7人乗り)(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.19 試乗記 取り回しのしやすさと利便性の高さで人気を博す、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」がマイナーチェンジ。新デザインとなった改良モデルは、従来型からどのような進化を遂げたのか? ベーシックな1.5リッターのガソリン車に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • スズキVストローム1050XT(MR/6MT)【レビュー】 2020.6.26 試乗記 往年のパリ-ダカールラリー出場マシンをほうふつとさせるカラーリングをまとい、スズキから新型のアドベンチャーツアラー「Vストローム1050」が登場。リッタークラスのエンジンを搭載する、スズキ製アドベンチャーのフラッグシップモデルを試す。
ホームへ戻る