新型スポーツサルーン、ジャガーXEが日本上陸

2015.06.02 自動車ニュース
「ジャガーXE」。写真は3リッターV6エンジンを搭載する最上級モデル「XE S」。
「ジャガーXE」。写真は3リッターV6エンジンを搭載する最上級モデル「XE S」。
    拡大

ジャガーの新型スポーツサルーン「XE」が正式デビュー

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2015年6月2日、新型のスポーツサルーン「ジャガーXE」の日本導入を発表。同日に受注を開始した。デリバリーの開始時期は、同年9月以降になる見込み。

フロントまわりは、「XJ」や「XF」に似たデザインが採用されている。
フロントまわりは、「XJ」や「XF」に似たデザインが採用されている。
    拡大

新型スポーツサルーン、ジャガーXEが日本上陸の画像 拡大
「XE」のインテリア。日本に導入されるモデルは全て右ハンドルとなる。
「XE」のインテリア。日本に導入されるモデルは全て右ハンドルとなる。
    拡大

■「Cクラス」や「3シリーズ」と勝負

エキサイティングなエクステリア、ラグジュアリーなインテリア、そして卓越した乗り心地とハンドリングを兼ね備え、「スポーツサルーンの新定義」とうたったジャガーの新しい中級サルーン、XEの国内導入が正式発表された。
そもそもXEは、2014年春のジュネーブショーで、同年後半からの生産開始が告げられたモデル。同年秋に英本国で大がかりなワールドプレミアイベントを行った後、パリモーターショーで一般公開され、日本国内では早くも特別限定車「XE FIRST EDITION」の予約受注を開始。明けて2015年初頭には「XE ADVANTAGE EDITION」の予約受注を開始した後、ここに至ってようやく正式導入がアナウンスされたわけである。
これらの一連のジャガーの動きは、実質的に1年以上にわたるティーザーキャンペーンとも言える。「メルセデス・ベンツCクラス」や「BMW 3シリーズ」をはじめ強豪がひしめくプレミアムDセグメントに、フォード傘下時代の「Xタイプ」以来、久々の投入となるXEに懸けるジャガーの意気込みが、それだけ大きいということなのだろう。

「長いホイールベースと低いシートポジションによって、完璧なプロポーションとクーペのような流線型のシルエットを実現した」とうたわれるボディーのサイズは、全長4680mm、全幅1850mm、全高1415mmで、ホイールベースは2835mm。2シーターのスポーツカー「Fタイプ」にインスパイアされたフォルムにより、Cd値=0.26というジャガー史上最も優れた空気抵抗係数を誇る。
ジャガーは以前から車体のアルミ化に積極的だったが、XEの新しいモノコックは全体の75%以上がアルミ材で構成され、高剛性と軽量化を両立している。とはいうものの、車重自体はベーシックな「XE ピュア」で1600kgと、ライバルと比べ特に軽いわけではない。

ガソリン仕様の2リッター直4直噴ターボエンジン。
ガソリン仕様の2リッター直4直噴ターボエンジン。
    拡大
新開発ディーゼルエンジン「インジニウム」。
新開発ディーゼルエンジン「インジニウム」。
    拡大
エントリーモデル「ピュア」を除き、後席にもシートヒーターがオプション設定される。
エントリーモデル「ピュア」を除き、後席にもシートヒーターがオプション設定される。
    拡大

新型スポーツサルーン、ジャガーXEが日本上陸の画像 拡大

新型スポーツサルーン、ジャガーXEが日本上陸の画像 拡大

■ディーゼル車もラインナップ

パワーユニットは、「XE S」が最高出力340psと最大トルク45.9kgmを発生する3リッターV6直噴スーパーチャージャーを搭載。2リッター直4直噴ターボには2種のチューンがあり、「XE ポートフォリオ」には240psと34.7kgm、「XE ピュア」および「XE プレステージ」には200psと32.6kgmをそれぞれ発生するユニットが積まれる。
これら2サイズ3チューンのガソリンエンジンに加えて、XE発表時からの目玉だった新開発の2リッター直4直噴ディーゼルターボも日本市場に導入されることになった。「インジニウム」と呼ばれるオールアルミ製ディーゼルエンジンは、軽量化と効率化を徹底的に追求し、ハイパフォーマンスと極めて高い環境性能(低燃費、CO2低排出量)を両立させたとのことだが、日本仕様のスペックは現時点では未公表。ちなみに欧州仕様では最高出力180ps、最大トルク43.8kgm、CO2排出量は109g/kmである。なお、組み合わされるトランスミッションはすべて8段AT、駆動方式はFRのみで4WDの設定はない。

サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン、リアがインテグラルリンク。ステアリングにはジャガー初となる車速感応式電動パワーステアリングを採用。またコーナリング時のアンダーステアの発生を後輪内側のブレーキ操作で抑えるトルクベクタリング・バイ・ブレーキングも導入された。

安全運転支援システムも充実しており、滑りやすい路面でもステアリング操作のみでドライバーが設定した一定速度(3.6km/h~30km/h)で走行可能なオールサーフェイス・プログレスコントロール(ASPC)、ステレオカメラによる衝突回避・被害軽減システムおよび車線逸脱警告システム、レーザー式ヘッドアップディスプレイ(HUD)などを標準装備。ブレーキとアクセルペダルを操作するだけで縦列駐車、並列駐車および出庫を自動で行うパークアシストもオプション設定されている。

外装色はオプションを含め全18色と豊富に用意されており、アロイホイールが17インチから20インチまで14種類もラインナップされている点も珍しい。

グレードおよび価格は以下の通り。納車はガソリンエンジン搭載モデルからで、2015年9月以降になる予定。

ガソリンエンジン搭載モデル
・XE ピュア:477万円
・XE プレステージ:515万円
・XE ポートフォリオ:642万円
・XE S:769万円

ディーゼルエンジン搭載モデル
・XE ディーゼル ピュア:497万円
・XE ディーゼル プレステージ:535万円
・XE ディーゼル Rスポーツ:549万円

(文=沼田 亨)

→「ジャガーXE」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
XE, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XE の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • ラインナップから読み解くジャガーのいま【XE&XF×サトータケシ】 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD> ジャガーネスを味わうのならサルーンに限る。人気自動車ライターのサトータケシはそう断言する。なぜなら最新の「XE」「XF」には、1965年以来スポーツサルーンを絶やすことなくつくり続けてきた、ジャガーならではのノウハウが注ぎ込まれているからだ。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.1 試乗記 「アウディRS 5クーペ」は、世界初の市販フルタイム4WD車「アウディ・クワトロ」の直系ともいうべきモデル。最高出力450PSのパワーユニットと40年にわたって磨きをかけられた4WDシャシーが織りなす走りを、ワインディングロードで味わった。
  • 存在感と装備を強化 「ジャガーXF/XFスポーツブレイク」2021年モデル登場 2021.5.11 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年5月11日、ジャガーのセダン「XF」とワゴン「XFスポーツブレイク」の2021年モデルを導入すると発表。同日、注文受け付けを開始した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
ホームへ戻る