丸いヘッドランプのダイハツ・コペン セロ登場

2015.06.18 自動車ニュース
「ダイハツ・コペン セロ」
「ダイハツ・コペン セロ」 拡大

丸いヘッドランプの「ダイハツ・コペン セロ」登場

ダイハツ工業は2015年6月18日、軽オープンスポーツカー「コペン」に新しい内外装デザインの「コペン セロ」を設定し、販売を開始した。

「コペン セロ」(左)と「コペン ローブ」(右)。
「コペン セロ」(左)と「コペン ローブ」(右)。 拡大
「コペン セロ」のロゴ。
「コペン セロ」のロゴ。 拡大
「レッドインテリアパック」装着車のインストゥルメントパネルまわり。
「レッドインテリアパック」装着車のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
「レッドインテリアパック」は「コペン セロ」専用のメーカーオプションとなる。
「レッドインテリアパック」は「コペン セロ」専用のメーカーオプションとなる。 拡大
「Dラッピング」が採用された「コペン ローブ」。
「Dラッピング」が採用された「コペン ローブ」。 拡大
「コペン エクスプレイS」
「コペン エクスプレイS」 拡大
「コペン エクスプレイS」のインストゥルメントパネルまわり。
「コペン エクスプレイS」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大

■テーマは「親しみやすさと躍動感の融合」

コペン セロは、先行して発売されていた「コペン ローブ」「コペン エクスプレイ」に続く“第3のモデル”であり、コペン ローブをベースに専用の樹脂外板や灯火器類が用いられている。

デザインコンセプトは「フレンドリー&ダイナミック エボリューション」というもので、エクステリアには「流れる雫(しずく)をイメージした」という「フローイングドロップシルエット」を採用。ヘッドランプは丸目の2灯式で、1つの光源でハイビームとロービームの切り替えが可能なバイアングルLEDヘッドランプとしている。また、リング状に光るLEDクリアランスランプや、放射状に光るLEDリアコンビランプなども、同車の特徴となっている。

一方インテリアについては、インストゥルメントパネルに横基調のデザインを採用。自発光式3眼メーターには、同車専用のシルバーリング付きブラック盤面を用いている。

ボディーカラーは専用色の「ブリティッシュグリーンマイカ」を含む全8色。インテリアカラーにはベージュ基調のコーディネートに加え、同車専用のオプションとしてブラックとレッドのツートンカラー「レッドインテリアパック」を用意している。

■コペン ローブとの間で“着せ替え”が可能

今回発売されたコペン セロは、既存のコペン ローブと、ドアを除く11枚の樹脂外板やヘッドランプ、リアコンビランプを交換することが可能。これら「DRESSパーツ」はディーラーオプションとして2015年10月に発売される。

価格は、コペン セロの意匠のものの場合、フルセット(ヘッドランプ<左右>、リアコンビランプ<左右>、フード、トランクフード、ロッカー<左右>、フロントバンパー、リアバンパー、フロントフェンダー<左右>、リアフェンダー<左右>)で30万円台を予定。またフルセットのほか、いくつかのパターンでのセット販売も検討されている。

■ダイハツ独自のラッピング工法でルーフをカーボン調に

また、今回のコペン セロに加え、既存のコペン ローブ、コペン エクスプレイの全モデルに、メーカーオプションとして「Dラッピング(カーボン調成形PVC貼付)」を設定。ルーフやバックパネルをカーボン調のデザインとすることができるようになった。色は「ブラック」「ワインレッド」「シルバー」の3色。既存の塗装によるツートンカラーとは異なり、ユーザーの嗜好(しこう)に合わせて張り替えることができるという。

このほかにも、新グレードとしてスポーティーな「コペン エクスプレイS」を追加設定。これはSUVテイストのエクスプレイに「コペン ローブS」の装備を採用したもので、パドルシフト(CVT車のみ)、レカロシート、MOMO製本革巻きステアリング(メッキオーナメントシルバー加飾付き)、ビルシュタイン製ショックアブソーバー(リアオーナメント付き)、マルチリフレクターハロゲンフォグランプ、メッキ加飾(インナードアハンドル、パーキングブレーキボタン、エアコンレジスターノブ)を採用している。

新グレードの価格は以下の通り。

コペン セロ(CVT):185万2200円
コペン セロ(MT):187万3800円
コペン エクスプレイS(CVT):199万8000円
コペン エクスプレイS(MT):201万9600円

(webCG)
 

関連キーワード:
コペン セロ, コペン, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ コペン セロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・コペンGRスポーツ(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.15 試乗記 ダイハツの軽オープンスポーツ「コペン」に、よりスポーティーな「GRスポーツ」が登場。TOYOTA GAZOO Racingがチューニングを施した新モデルは、どのようなクルマに仕上がっていたのか? ダイハツとトヨタのコラボが生んだミニマムスポーツの実力を試す。
  • トヨタ・コペンGRスポーツ(FF/CVT)/ダイハツ・コペンGRスポーツ(FF/5MT)【試乗記】 2019.11.25 試乗記 「コペンGRスポーツ」は、トヨタのGAZOO Racingカンパニーとダイハツがタッグを組んで仕立てたスポーツカーだ。その出来栄えを試すべく、特設コースに乗り込んでステアリングを一発切ったリポーターは、思わず笑みをこぼしたのだった。
  • ダイハツ・コペン ローブS(FF/CVT)【試乗記】 2015.4.6 試乗記 ダイハツの2シーターオープンカー「コペン ローブ」に、レカロシートやビルシュタインダンパーを装着したスポーティーグレード「コペン ローブS」が追加された。その走りは? 乗り心地は? 市街地からワインディングロードまで、さまざまなシーンで確かめた。
  • ホンダS660モデューロX(MR/CVT)【試乗記】 2020.5.8 試乗記 「ホンダS660」のマイナーチェンジに合わせ、ホンダアクセスが手がける純正コンプリートカー「S660モデューロX」も最新モデルへとアップデート。ちょっとマイナー(?)なCVTモデルを連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
ホームへ戻る