ルノー・キャプチャーに映画祭がテーマの限定車

2015.06.26 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャー カンヌ」
「ルノー・キャプチャー カンヌ」
    拡大

「ルノー・キャプチャー」にカンヌ映画祭がテーマの限定車

ルノー・ジャポンは2015年6月26日、コンパクトクロスオーバーモデル「キャプチャー」に特別仕様車「カンヌ」を設定し、40台限定で発売した。

今回の特別仕様車は、世界3大映画祭のひとつであるカンヌ映画祭のオフィシャルカーをイメージした限定モデルである。ルノーは32年にわたり、同映画祭にオフィシャルカーを提供している。

具体的な仕様としては、キャプチャーの上級グレード「インテンス」をベースに、8インチディスプレイのSDナビゲーションシステムや、FOCAL(フォーカル)製のスピーカー、アイボリー/ブラックのジップシート表皮などを特別装備。また、ボディーサイドにはカンヌ映画祭の公式エンブレムが備わる。

外装色はツートンのみ。「イヴォワール」のボディーに「ノワール エトワール メタリック」のルーフを組み合わせたものと、「ノワール エトワール メタリック」のボディーに「イヴォワール」のルーフを組み合わせたものの2種類が用意される。

価格は289万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
キャプチャー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー キャプチャー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • 日本仕様の新型「ルノー・ルーテシア」が国内初お披露目に 2020.10.15 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2020年10月15日、同日に国内導入を発表し、同年11月6日に発売する新型「ルーテシア」の日本仕様を初披露した。10月17日まで開催されるデザイン見本市「rooms41」のルノーブースに展示している。
  • 日産キックスX ツートーンインテリアエディション(FF)【試乗記】 2020.9.30 試乗記 日産独自のハイブリッドシステム「e-POWER」を引っさげて登場した、新型SUV「キックス」。多くのライバルがひしめき合う激戦区で、勝算はあるのか? 市街地からワインディングロードまで走らせた印象をリポートする。
  • フランクフルトショー2015の会場から(その7) 2015.9.18 画像・写真 いよいよ開幕したフランクフルトモーターショー(開催期間:2015年9月15日~27日、一般公開は9月19日から)。仏ルノーのブースの主役、上級モデルの「タリスマン」と新型「メガーヌ」を画像で紹介する。
ホームへ戻る