安全装備を強化し、燃費を高めた日産ノート登場

2015.07.07 自動車ニュース
「日産ノートX DIG-S」。外装色は「シャイニングブルー」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
「日産ノートX DIG-S」。外装色は「シャイニングブルー」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
    拡大

安全装備を強化し、燃費を高めた「日産ノート」登場

日産自動車は2015年7月7日、コンパクトカー「ノート」にマイナーチェンジを実施し、同日販売を開始した。

「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」の解説イラスト。
「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」の解説イラスト。 拡大
ツートンカラーが選べるのは、車体色が「シャイニングブルー」か「インペリアルアンバー」の場合のみ。
ツートンカラーが選べるのは、車体色が「シャイニングブルー」か「インペリアルアンバー」の場合のみ。
    拡大
「ノートMEDALIST」
「ノートMEDALIST」
    拡大
「ノートMEDALIST」のインテリア。
「ノートMEDALIST」のインテリア。 拡大

今回のマイナーチェンジでは、これまで一部グレードでオプション設定となっていた「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」「LDW(車線逸脱警報)」を、「NISMO」「NISMO S」を除く全グレードに標準で搭載した。

また、スーパーチャージャー付き1.2リッター直3直噴エンジンの搭載車については、減速時に車速が一定以下になると停車前でもエンジンを停止する「停車前アイドリングストップ」を採用。さらに「NISMO S」を除く全グレードのFF車で、エンジンとトランスミッションのチューニングの最適化を図った。これらの改良により、FF車の燃費性能は23.4~26.8km/リッターに改善した。

このほかにも、ボディーカラーでは「シャイニングブルー」「インペリアルアンバー」の車体色に「ブリリアントホワイトパール」のルーフ、サイドミラー、アウトサイドドアハンドルを組み合わせたツートンカラー仕様を追加。ラインナップについては、専用の内外装を備えた「MEDALIST」を新たに自然吸気エンジン搭載車にも設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・X(FF):146万4480円
・X FOUR(4WD):167万6160円
・MEDALIST X(FF):159万4080円
・MEDALIST X FOUR(4WD):180万5760円
・Xエアロスタイル(FF):166万9680円(特別仕様車)
・X FOURエアロスタイル(4WD):188万1360円(特別仕様車)
・X DIG-S(FF):169万4520円
・MEDALIST(FF):189万1080円
・X DIG-Sエアロスタイル(FF):189万9720円(特別仕様車)
・NISMO(FF):196万7760円
・NISMO S(FF):224万4240円

(webCG)
 

関連キーワード:
ノート, 日産, 自動車ニュース

日産 ノート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産マーチNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2014.2.18 試乗記 「ジューク」と「フェアレディZ」に続き、NISMOの名を持つ「マーチ」が登場。モータースポーツで培われたノウハウが注がれたスーパーマーチの走りはいかに? 1.5リッター自然吸気エンジンに5MTを組み合わせた上級モデル「NISMO S」に試乗した。
ホームへ戻る