安全装備を強化し、燃費を高めた日産ノート登場

2015.07.07 自動車ニュース
「日産ノートX DIG-S」。外装色は「シャイニングブルー」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
「日産ノートX DIG-S」。外装色は「シャイニングブルー」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
    拡大

安全装備を強化し、燃費を高めた「日産ノート」登場

日産自動車は2015年7月7日、コンパクトカー「ノート」にマイナーチェンジを実施し、同日販売を開始した。

「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」の解説イラスト。
「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」の解説イラスト。 拡大
ツートンカラーが選べるのは、車体色が「シャイニングブルー」か「インペリアルアンバー」の場合のみ。
ツートンカラーが選べるのは、車体色が「シャイニングブルー」か「インペリアルアンバー」の場合のみ。
    拡大
「ノートMEDALIST」
「ノートMEDALIST」
    拡大
「ノートMEDALIST」のインテリア。
「ノートMEDALIST」のインテリア。 拡大

今回のマイナーチェンジでは、これまで一部グレードでオプション設定となっていた「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」「LDW(車線逸脱警報)」を、「NISMO」「NISMO S」を除く全グレードに標準で搭載した。

また、スーパーチャージャー付き1.2リッター直3直噴エンジンの搭載車については、減速時に車速が一定以下になると停車前でもエンジンを停止する「停車前アイドリングストップ」を採用。さらに「NISMO S」を除く全グレードのFF車で、エンジンとトランスミッションのチューニングの最適化を図った。これらの改良により、FF車の燃費性能は23.4~26.8km/リッターに改善した。

このほかにも、ボディーカラーでは「シャイニングブルー」「インペリアルアンバー」の車体色に「ブリリアントホワイトパール」のルーフ、サイドミラー、アウトサイドドアハンドルを組み合わせたツートンカラー仕様を追加。ラインナップについては、専用の内外装を備えた「MEDALIST」を新たに自然吸気エンジン搭載車にも設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・X(FF):146万4480円
・X FOUR(4WD):167万6160円
・MEDALIST X(FF):159万4080円
・MEDALIST X FOUR(4WD):180万5760円
・Xエアロスタイル(FF):166万9680円(特別仕様車)
・X FOURエアロスタイル(4WD):188万1360円(特別仕様車)
・X DIG-S(FF):169万4520円
・MEDALIST(FF):189万1080円
・X DIG-Sエアロスタイル(FF):189万9720円(特別仕様車)
・NISMO(FF):196万7760円
・NISMO S(FF):224万4240円

(webCG)
 

関連キーワード:
ノート, 日産, 自動車ニュース

日産 ノート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノート 2020.11.24 画像・写真 日産がコンパクトハッチバック「ノート」をフルモデルチェンジ。2020年11月24日、3代目となる新型を発表した。2021年に発売されるEV「アリア」とともに新生日産を代表するクルマと位置づけられる最新型の姿を、写真で紹介する。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
  • 電気自動車はなぜ安くならないのか? 2021.2.17 デイリーコラム 電気自動車(EV)が高価な理由は、高価なリチウムイオンバッテリーを大量に搭載しているからだ。しかし、初代「日産リーフ」のデビューからはや10年以上。当時よりも技術革新が進んでいるはずなのに、いまだEVが高価にならざるを得ないのはなぜなのだろうか。
  • 専用装備でドレスアップした新型「日産ノートAUTECH」登場 2020.11.24 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2020年11月24日、コンパクトカー「日産ノート」のフルモデルチェンジに合わせ、その量販グレード「ノートX」がベースの新型「ノートAUTECH」を同年12月に発売すると発表した。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る