安全装備を強化し、燃費を高めた日産ノート登場

2015.07.07 自動車ニュース
「日産ノートX DIG-S」。外装色は「シャイニングブルー」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
「日産ノートX DIG-S」。外装色は「シャイニングブルー」と「ブリリアントホワイトパール」のツートンカラー。
    拡大

安全装備を強化し、燃費を高めた「日産ノート」登場

日産自動車は2015年7月7日、コンパクトカー「ノート」にマイナーチェンジを実施し、同日販売を開始した。

「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」の解説イラスト。
「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」の解説イラスト。 拡大
ツートンカラーが選べるのは、車体色が「シャイニングブルー」か「インペリアルアンバー」の場合のみ。
ツートンカラーが選べるのは、車体色が「シャイニングブルー」か「インペリアルアンバー」の場合のみ。
    拡大
「ノートMEDALIST」
「ノートMEDALIST」
    拡大
「ノートMEDALIST」のインテリア。
「ノートMEDALIST」のインテリア。 拡大

今回のマイナーチェンジでは、これまで一部グレードでオプション設定となっていた「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」「LDW(車線逸脱警報)」を、「NISMO」「NISMO S」を除く全グレードに標準で搭載した。

また、スーパーチャージャー付き1.2リッター直3直噴エンジンの搭載車については、減速時に車速が一定以下になると停車前でもエンジンを停止する「停車前アイドリングストップ」を採用。さらに「NISMO S」を除く全グレードのFF車で、エンジンとトランスミッションのチューニングの最適化を図った。これらの改良により、FF車の燃費性能は23.4~26.8km/リッターに改善した。

このほかにも、ボディーカラーでは「シャイニングブルー」「インペリアルアンバー」の車体色に「ブリリアントホワイトパール」のルーフ、サイドミラー、アウトサイドドアハンドルを組み合わせたツートンカラー仕様を追加。ラインナップについては、専用の内外装を備えた「MEDALIST」を新たに自然吸気エンジン搭載車にも設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・X(FF):146万4480円
・X FOUR(4WD):167万6160円
・MEDALIST X(FF):159万4080円
・MEDALIST X FOUR(4WD):180万5760円
・Xエアロスタイル(FF):166万9680円(特別仕様車)
・X FOURエアロスタイル(4WD):188万1360円(特別仕様車)
・X DIG-S(FF):169万4520円
・MEDALIST(FF):189万1080円
・X DIG-Sエアロスタイル(FF):189万9720円(特別仕様車)
・NISMO(FF):196万7760円
・NISMO S(FF):224万4240円

(webCG)
 

関連キーワード:
ノート, 日産, 自動車ニュース

日産 ノート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノート 2020.11.24 画像・写真 日産がコンパクトハッチバック「ノート」をフルモデルチェンジ。2020年11月24日、3代目となる新型を発表した。2021年に発売されるEV「アリア」とともに新生日産を代表するクルマと位置づけられる最新型の姿を、写真で紹介する。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2020.12.8 試乗記 8年ぶりに一新された日産のコンパクトカー「ノート」に、その開発に使われたテストコースで試乗。先代で好評だったハイブリッドシステム「e-POWER」に磨きをかけた新型は、驚くほど上質な一台に仕上がっていた。
  • エコカーのふりした走りのクルマ? 新型「日産ノート」で気になること 2020.12.4 デイリーコラム フルモデルチェンジですっかり見た目の変わった、日産のコンパクトカー「ノート」。では中身のほうは? 3代目となる新型について、気になることを開発のキーパーソンに聞いてみた。
  • 日産のコンパクトカー「ノート」がフルモデルチェンジ 電動車としての性能がアップ 2020.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2020年11月24日、フルモデルチェンジしたコンパクトカー「ノート」を発表した。3代目となる新型は、「e-POWER」と呼ばれるハイブリッド専用モデルで、同年12月以降、順次販売が開始される。
  • 新型「日産ノート」に4WD車が登場 2モーター方式の「e-POWER」を採用 2020.12.23 自動車ニュース 日産が新型「ノート」の4WD車を正式発表。前輪用に加え、後輪用にも高出力(50kW)のモーターを搭載した2モーター方式のハイブリッドシステムを採用。前後モーターの緻密な制御により、路面状態を問わず安定した力強い走りを実現しているという。
ホームへ戻る