テスラがモデルSの4WDモデルを日本で初公開

2015.07.16 自動車ニュース
「テスラ・モデルS P85D」
「テスラ・モデルS P85D」
    拡大

テスラが「モデルS」の4WDモデルを日本で初公開

テスラモーターズジャパンは2015年7月15日、セダンタイプの電気自動車「モデルS」の4WDモデルを日本で公開した。納車は同年8月以降を予定している。

走行モードはインパネ中央のタッチスクリーンで選択可能。0-100km/hが3.3秒という動力性能を発揮させるためには、「ACCELERATION」の項目で「INSANE」を選ぶ必要がある。
走行モードはインパネ中央のタッチスクリーンで選択可能。0-100km/hが3.3秒という動力性能を発揮させるためには、「ACCELERATION」の項目で「INSANE」を選ぶ必要がある。
    拡大
「P85D」のフロントのトランクルーム。モーターを積む関係で、2WDモデルよりも容量が小さくなっている。
「P85D」のフロントのトランクルーム。モーターを積む関係で、2WDモデルよりも容量が小さくなっている。
    拡大

テスラがモデルSの4WDモデルを日本で初公開の画像 拡大

■高性能モデルの0-100km/h加速は3.3秒

テスラ・モデルSの4WDシステムは、前軸用と後軸用に2つのモーターを搭載した「デュアルモーター駆動システム」と呼ばれるもので、フロントとリアのホイールに伝達するトルクを個別に制御することで、高いトラクション性能を実現しているという。

ラインナップは、前後に最高出力193kWのモーターを2基搭載し、70kWhのバッテリーを組み合わせた「70D」、同じく193kW のモーターを2基と、85kWhのバッテリーを搭載した「85D」、そしてフロントに193kW、リアに375kWのモーターを搭載し、85kWhのバッテリーと組み合わせた「P85D」の計3種類。高性能モデルのP85Dに関しては、0-100km/h加速が3.3秒という動力性能を実現している。価格は70Dが951万円、85Dが1075万2000円、P85Dが1315万8000円。

なお、今回の4WDモデル導入に伴い、2WDモデルについてはラインナップを整理。85kWhのバッテリーを搭載した「85」のみとなった。

(webCG)
 

関連キーワード:
モデルS, テスラ, 自動車ニュース

テスラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • テスラ・モデルS P85D(4WD)【試乗記】 2016.3.11 試乗記 2012年のデビュー以来、市場での好調が伝えられる、テスラのEV「モデルS」。大幅なパワーアップを果たし、自動運転機能をも装備した、その最新バージョンの走りを報告する。
  • テスラ・モデル3パフォーマンス(4WD)【試乗記】 2019.11.22 試乗記 EV専業メーカーのテスラが開発した、新たな4ドアセダン「モデル3」。ほかのテスラ車に比べて手の届きやすい価格設定だが、その走りや使い勝手はどうか? パワーとスタミナが自慢の最上級グレードで確かめた。
  • テスラ・モデルS シグネチャー パフォーマンス(RR/1AT)【試乗記】 2013.4.18 試乗記 テスラ・モデルS シグネチャー パフォーマンス(RR/1AT)

    日本でも今年中にデリバリーが開始されるというテスラのEV(電気自動車)サルーン「モデルS」。北米のEVベンチャーが初めて手掛けたフルオリジナルモデルを、日本の道で試した。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.13 試乗記 欧州Dセグメントに属する、プジョーの最新ステーションワゴン「508SW」。グループPSAの新しいフラッグシップモデルは、快適な乗り心地と限界性能の高さを両立する、今日におけるフランス車の完成形ともいうべきクルマに仕上がっていた。
  • BMW 623dグランツーリスモMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.1.7 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に追加設定されたディーゼルモデル「623dグランツーリスモMスポーツ」に試乗。定番のセダンでも人気のステーションワゴンでもない独自路線を行くクロスオーバーというポジションには、いったいどんな魅力があるのか。
ホームへ戻る