第18回:ブランドを象徴する一台の乗り味とは?
輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~

2015.04.03 JAIA輸入車試乗会2015
 

試乗車の価格帯もいよいよ4ケタ万円台に突入。各ブランドを象徴するスポーツカーやプレミアムセダンは、いったいどんな走りを披露してくれるのか?

テスラ・モデルS P85
テスラ・モデルS P85 拡大
 
第18回:ブランドを象徴する一台の乗り味とは?輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~の画像 拡大
 
第18回:ブランドを象徴する一台の乗り味とは?輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~の画像 拡大
 
第18回:ブランドを象徴する一台の乗り味とは?輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~の画像 拡大

支持されて当然
テスラ・モデルS P85……1018万円

なにかと話題のEVだけれど、カタチは割とフツーな感じ。ドアを開け、インテリアをパッと見て、特に風変わりな点はないかな……と安心しかけたところで、センターコンソールの特大画面にギョッとする。サイズはなんと17インチ。実測、36×22センチ。シックなデザインの室内で、存在感がありすぎる!

恐る恐る触れてみれば、役割の大きさが理解できる。カーナビやエアコンのみならず、走りに関わる車両設定、ライトのオン/オフ、サンルーフの開閉などなど……通常はボタン/スイッチで行うあらゆることが、タッチパネル経由なのだ。だから、車内にボタンが無いのか。やっぱ、そうこなくっちゃ! 未来派EVの面目躍如である。

純粋に4ドアセダンとして見ても、感心することはたくさんある。大柄だからキャビンが広いのは当然だとしても、エンジンを持たないおかげで、前:150リッター、後ろ:745リッターと、荷物のスペースもたっぷり。運転席と助手席の間にはバッグを置くスペースまであって、女性にもウケそうだ。

踏めば、0-100km/hは4.4秒。ポルシェ並みの俊足である。しかし、こちらは電気自動車。風切り音が気になるほどの静粛性は、多くの高級サルーンが嫉妬する長所だと思う。
航続距離が弱点とされるEVとあって、メーカーは「満充電で500km“も”走れる」ことを強調する。でも、それ以上にインパクトがあるのは、その500kmにかかる電気代が1000~1200円程度という点だろう。

いまや、テスラの累計販売台数は5万台以上。その95%以上をこのモデルSが占めている。1000万円もするEVなのに……。後々、1号機の「テスラ・ロードスター」以上に記憶されるクルマなのかもしれない。見た目はフツーっぽいけど。

(文=webCG 関/写真=田村 弥)

シボレー コルベット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.5.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • 日産エクストレイルAUTECH(4WD/CVT)/セレナe-POWER AUTECH(FF)【試乗記】 2021.1.20 試乗記 長年にわたり、日産車のカスタマイズモデルを製作してきたオーテックジャパン。彼らが手がけたモデルの中から、デザインと走りの両方に手が加わった「エクストレイル」と「セレナ」に試乗。標準車とは一線を画す、その出来栄えを報告する。
  • メルセデス・ベンツE300カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2021.1.15 試乗記 メルセデス・ベンツが綿々と歴史を紡ぐ4シーターオープンモデル「Eクラス カブリオレ」がマイナーチェンジ。アップデートされた運転支援システムやユーザーインターフェイスの出来栄えを確かめながら、開放感あふれる走りを味わった。
ホームへ戻る