レクサスISに2リッターターボ搭載モデル登場

2015.07.23 自動車ニュース

「レクサスIS」に2リッターターボエンジン搭載モデル登場

トヨタ自動車は2015年7月23日、レクサスブランドのスポーティーセダン「IS」に2リッター直4直噴ターボエンジン搭載モデル「IS200t」を追加設定し、同年8月3日に発売すると発表した。また、ハイブリッドの「IS300h」に4WD仕様を追加するとともに、一部改良としてボディーカラーのラインナップ変更を行い、同日、販売を開始する。

今回のIS200tは、レクサスのFR車として初のターボエンジン搭載モデル。
ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大したDual VVT-iWを組み合わせるとともに、最適な燃焼効率を実現するD-4STを採用したエンジンのパフォーマンスは、最高出力245ps/5800rpm、最大トルク35.7kgm/1650-4400rpmというもの。トランスミッションは8段ATを搭載しており、燃費は13.2km/リッター(JC08モード)となっている。

走りに関しては、フロントにはパフォーマンスダンパーを標準装備。ハンドリング特性をシャープにすることで、高い操縦安定性を確保したという。

一方、4WD仕様のIS300hは、前後輪に動力を配分するトランスファーにトルセンLSDを採用。トランスミッションからの駆動トルクを適切に配分し、高い走破性と優れた操縦安定性の実現を図るともに、高い静粛性を確保すべく、カウンターギヤ歯車の加工精度を向上させた。

そのほか一部改良として、IS350にもIS200tと同様にフロントにパフォーマンスダンパーを標準装備。ボディーカラーは、“Fスポーツ”専用色の「ヒートブルーコントラストレイヤリング」のほか、「ソニッククォーツ」「マダーレッド」を新たに加えた全10色を設定している。

ラインナップと価格は以下の通り。

・IS200t(FR/8AT):454万4000円
・IS200t“Fスポーツ”(FR/8AT):509万2000円
・IS200t“バージョンL”(FR/8AT):508万7000円
・IS250(4WD/6AT):479万3000円
・IS250“Fスポーツ”(4WD/6AT):566万8000円
・IS250“バージョンL”(4WD/6AT):536万1000円
・IS300h(FR/CVT):499万9000円
・IS300h(4WD/CVT):540万3000円
・IS300h“Fスポーツ”(FR/CVT):557万2000円
・IS300h“Fスポーツ”(4WD/CVT):627万8000円
・IS300h“バージョンL”(FR/CVT):556万7000円
・IS300h“バージョンL”(4WD/CVT):597万1000円
・IS350(FR/8AT):544万3000円
・IS350“Fスポーツ”(FR/8AT):619万円
・IS350“バージョンL”(FR/8AT):597万9000円

(webCG)
 

関連キーワード:
IS, レクサス, 自動車ニュース

レクサス IS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスISプロトタイプ【試乗記】 2020.8.17 試乗記 2020年秋の発売が予告されている、改良型の「レクサスIS」。登場から7年を経てのマイナーチェンジでその走りはどう変わったのか? クローズドコースで3モデルのプロトタイプに試乗し、実力を確かめた。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • 「レクサスLS」のマイナーチェンジモデル発売 静粛性と乗り心地を改善 2020.11.19 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年11月19日、レクサスブランドのフラッグシップサルーン「LS」のマイナーチェンジモデルを発売した。静粛性や乗り心地の改善に加えて、先進運転支援システムの強化を図っている。
  • 祝フルモデルチェンジ! でもスバルの異端児「BRZ」に継続のメリットはあるのか? 2020.11.16 デイリーコラム 2代目となる新型のデビューが決まっている「スバルBRZ」。ファンにはうれしい話だが、同ブランドにとって、異端ともいえるFRスポーツカーを継続開発するメリットはあるのだろうか? その背景についてリポートする。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
ホームへ戻る