ボルボV40/V40クロスカントリーの新顔、T3発売

2015.08.19 自動車ニュース
「ボルボV40 T3」
「ボルボV40 T3」
    拡大

「ボルボV40 T3/V40クロスカントリー T3」発売

ボルボ・カー・ジャパンは2015年8月19日、コンパクトハッチバック「V40」「V40クロスカントリー」のラインナップに、1.5リッター直4直噴ターボ「T3」エンジン搭載モデルを追加し、発売した。

「V40クロスカントリー T3」

2015年7月に「T3」モデルの日本導入が明らかにされた際には、同年9月1日の発売が予告されていたが、その予定は2週間ほど早められることになった。


    「V40クロスカントリー T3」
    2015年7月に「T3」モデルの日本導入が明らかにされた際には、同年9月1日の発売が予告されていたが、その予定は2週間ほど早められることになった。
    拡大

今回発売されたV40とV40クロスカントリーの「T3」は、1.6リッター直4ターボを搭載した従来の「T4」に変わるモデル。ラインナップ中で最も排気量の小さな、1.5リッター直4ターボエンジンが採用されている。

最高出力は152ps/5000rpmで、最大トルクは25.5kgm/1700-4000rpm。新開発の6段ATが組み合わされており、JC08モードの燃費値は、V40で16.5km/リッター、V40クロスカントリーで16.0km/リッターと公表される。

ほかのボルボ車と同様に、追突を回避または被害を軽減するフルオートブレーキシステムや全車速追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロールなど、10種類の先進安全装備が与えられる。

価格は、以下の通り。

・V40 T3(FF/6AT):324万円
・V40 T3 SE(FF/6AT):374万円
・V40クロスカントリー T3(FF/6AT):339万円

(webCG)

関連キーワード:
V40, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V40 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • ボルボV40 T4 SE(FF/6AT)【試乗記】 2015.2.24 試乗記 先進安全・運転支援システム「IntelliSafe10(インテリセーフ・テン)」を全モデル・全グレードで標準装備とするなど、いつになく“攻め”の姿勢を見せるボルボ。発売から2年が経過したベストセラーモデル「V40」にも、これを機会にいろいろ改良の手が入っている。その洗練度合いを確認するために、あらためて「V40 T4 SE」のステアリングを握った。
  • 第2回:どこが変わった? 2015の「T4 SE」 2014.12.29 ボルボV40の“いま”を知る ボルボV40 T4 SE(FF/6AT) 2013年のデビュー以来、好調なセールスが伝えられる「ボルボV40」。最新2015年モデルには、さらなる商品力強化のためのリファインが施されたという。その変化のほどを、仕様変更前の「V40 T4」オーナーである自動車評論家 国沢光宏がチェックした。
  • 第6回:「ボルボV40」試乗インプレッション 2014.9.22 最新ボルボで 爽快ドライブ! ボルボV40 T4 SE(FF/6AT) ボルボファミリーの中で、好調なセールスが伝えられるコンパクトハッチバックの「V40」。その実力は、どれほどのものなのか? 東京~伊勢・志摩間での試乗インプレッションを報告する。
  • ボルボV40 T4 SE(FF/6AT)【試乗記】 2013.4.17 試乗記 ボルボV40 T4 SE(FF/6AT)
    ……417万5000円

    デザインの洗練度がさらにアップした最新のボルボ、「V40」に試乗。スマートな外観が目を引くが、安全装備もしっかりと進化していた。
ホームへ戻る