メルセデスの限定車、SL350ミッレミリア417登場

2015.08.20 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツSL350 Mille Miglia 417」
「メルセデス・ベンツSL350 Mille Miglia 417」     拡大

「メルセデス・ベンツSL」に、ミッレミリア優勝60周年記念の限定車

メルセデス・ベンツ日本は2015年8月20日、「メルセデス・ベンツSL」の特別仕様車「SL350 Mille Miglia(ミッレミリア)417」を発表。20台の台数限定で、受注を開始した。

今回のSL350ミッレミリア417は、イタリアを舞台にした伝説の自動車レース「ミッレミリア」生産型スポーツカークラスにおいての「300SL」優勝60周年を記念する特別仕様車。末尾の「417」という数字は、300SLが優勝した1955年のレースでのスタート時刻「4時17分」を表すゼッケンナンバーに由来している。

ベースモデルは「SL350」で、ボディーカラーは「designoマグノナイトブラック(マット)」と「マグネタイトブラック(メタリック)」の2色の設定。フロントおよびリアのスポイラーリップをはじめ、AMGマルチスポークアルミホイールのリムエッジ部やブレーキキャリパーにレッドのアクセントが配されるほか、トランクリッドスポイラーリップにはマットカーボンが採用される。さらにサイドには、「MILLE MIGLIA 417」のエンブレムが備わる。

インテリアもブラックを基調としたもので、専用AMGカーボンマットのインテリアトリムに加え、シートやステアリングは専用のカーボンパターンエンボス入りのものが装備される。また、シートステッチ、センターコンソール、ステアリングのグリップ部など随所にクラシックレッドのアクセントが配されている。さらに、ヘッドレストには「SL MILLE MIGLIA 417」の、フロアマットには「1000 MIGLIA」の刺しゅうが施される。

特別装備の内容は以下の通り。

エクステリア
・レッドフロントスポイラーリップ
・レッドリアスポイラーリップ
・AMGカーボンマットトランクリッドリアスポイラーリップ
・専用サイドエンブレム
・レッドブレーキキャリパー
・マットブラック/レッドペイントAMGマルチスポークアルミホイール(フロント19インチ/リア20インチ)

インテリア
・シート(クラシックレッドアクセント入り)
・ヘッドレスト(「SL MILLE MIGLIA 417」ステッチ入り、カーボンパターンエンボス入りレザー)
・ステアリング(カーボンパターンエンボス入りナッパレザー、ブラック/クラシックレッド)
・ドアパネル(クラシックレッドコントラストステッチ入り)
・アームレスト(クラシックレッド)
・センターコンソールの中央小物入れ部分(クラシックレッド)
・フロアマット(クラシックレッドパイピング、専用ラベル付き)

価格は、designoマグノナイトブラック(マット)のモデルが1360万円、マグネタイトブラック(メタリック)のモデルが1320万円。それぞれ10台が用意される。
販売開始は9月中旬頃の予定。

(webCG)
 

関連キーワード:
SL, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ SL の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • BMW 840iクーペMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.29 試乗記 BMWのフラッグシップクーペ「8シリーズ クーペ」に追加設定された「840i Mスポーツ」に試乗。同シリーズにおけるエントリーモデルという位置づけながら、3リッターの直6エンジンと後輪駆動が織りなすその走りは、実に味わい深いものだった。
  • 「AMG SL65」の装備を取り入れた特別仕様車「メルセデス・ベンツSL400グランドエディション」登場 2019.10.30 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年10月30日、メルセデス・ベンツのオープンスポーツモデル「SL」に特別仕様車「SL400グランドエディション」を設定し、同日、予約受注を開始した。「AMG SL65」用の装備や「SL400」に通常設定されていない装備が採用されている。
  • メルセデス・ベンツが新型「Sクラス」を発表 新時代のユーザーインターフェイスを提案 2020.9.3 自動車ニュース 独ダイムラーが7代目となる新型「メルセデス・ベンツSクラス」を発表。新しいコンセプトが取り入れられたユーザーインターフェイスが特徴で、立体映像やVR技術を用いた情報表示、ジェスチャーによる各種機能の操作など、多数の新機軸が取り入れられている。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
ホームへ戻る