ヴィンテージスタイルのフィアット500限定発売

2015.08.26 自動車ニュース
「フィアット500ヴィンテージ」
「フィアット500ヴィンテージ」
    拡大

ヴィンテージスタイルの「フィアット500」限定発売

FCAジャパンは2015年8月26日、「フィアット500」の特別仕様車「500 Vintage(ヴィンテージ)」を発表した。120台限定で、同年9月5日に販売を開始する。

今回の特別限定車のイメージ元となっている、2代目「フィアット500」。1957年に誕生し、20年にわたって生産された。
今回の特別限定車のイメージ元となっている、2代目「フィアット500」。1957年に誕生し、20年にわたって生産された。
    拡大
ポルトローナ・フラウのレザーシート。
ポルトローナ・フラウのレザーシート。
    拡大
専用デザインのアロイホイール。中心のエンブレムはヴィンテージタイプになっている。
専用デザインのアロイホイール。中心のエンブレムはヴィンテージタイプになっている。
    拡大

フィアット500ヴィンテージは、1957年デビューの2代目フィアット500をイメージした特別限定車。

ベースモデルは875ccの2気筒ターボを搭載する「500ツインエア ラウンジ」で、エクステリアは、往年の500を思わせる淡いブルーのボディーカラーやホワイト仕上げのルーフおよびミラーカバー、専用デザインのアロイホイール、ヴィンテージタイプのFIATエンブレムなどでドレスアップされる。
インテリアには、ポルトローナ・フラウの専用レザーシート(ブラウンレザー/アイボリー)を採用。さらに、ホワイトのダッシュボードパネルで特別感が演出されている。

価格は、267万8400円。

(webCG)

関連キーワード:
500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • 初代とはまるで違う!? 2021年秋登場の新型「レクサスNX」はここに注目! 2021.6.21 デイリーコラム 2021年秋に国内販売がスタートする、新型「レクサスNX」。同ブランドのグローバルコアモデルと位置づけられるSUVは、どんな思いでつくられたのか? こだわりのポイントについて、開発責任者やデザイナーに話を聞いた。
  • キャデラックCT5プラチナム(FR/10AT)【試乗記】 2021.6.19 試乗記 キャデラックの新型セダン「CT5」のラインナップから、上質さが身上の「プラチナム」に試乗。FRの駆動レイアウトに穏当なシャシーチューニングを組み合わせた同車は、欧州のプレミアムカーもかくやという、自然で理知的なダイナミクス性能の持ち主だった。
ホームへ戻る